過去ログ

広告

 

 

記事一覧

立場変われば・・・

 本日ご依頼頂いた中で最悪のお客さんの話。こちらのご一行、家具団地の居酒屋さんで飲んだ後そこに車を置いて、すぐ近くのカラオケ喫茶にいるとの事だったので、社長の指示で相方バシさんがそのお客さんに打ち合わせの電話を掛けた。2~3回掛け直しても出ない、カラオケの音で着信に気付かないみたい・・・。やっと電話に出て「11時半位に着くけど・・・いいかな?」と聞くと「35分位に車の所に来てください。」と言う事だった。かなり酔ってるようだけどまだ帰りたくないのかたった5分だけでも引き伸ばしたいらしい。
 こういう客って大概はそれ以上・・・と言うか催促するまで出てこない。ただ今日は週末、バシさん共々“ある理由”で今回はそんな事はないだろうと思いながらも約束の時間から5分経過して10分経過して・・・そろそろ催促しようかと話してたら社長から電話が掛かってきた。何でもその居酒屋さんの次に行った店、聞いてたすぐ近くの店じゃなくて素面でも歩いて5分はかかる店で今車の方へ向かってるとの事。でもそれならキーだけ先に受け取って店まで迎えに行った方が早かったんじゃない? 更に少し待ってたらご一行がブラブラと楽しげに歩いてきた。ちょっとイライラしてたtatherっち、彼らに「どこが35分やねん!」と冗談交じりに怒鳴ってみたら「すんませ~ん、お待たせしましたぁ~♪」とゴキゲンのご様子、それでもペースは変わんない。そして乗り込むまでに誰がどこに座るかであーだこーだ時間を食いながらもやっとこさスタート。その後も一人目の女性が降りた時は一緒に降りてハグして別れを惜しんでから戻ってきて、2人目の女性、3人目の男性とそれぞれ・・・その都度モタモタと送った後、宇治槇島方面へ向かう。ある程度の場所を聞いた後彼が「ちょっと(最初に下ろした女性に)電話掛けますね。」って言うのでもうちょっとルートを具体的に聞こうとしたら「その都度案内します」と言って彼女と電話で話し始めた。んで・・・彼の案内は最初に「左です・・・」と京滋バイパス側道の、更に側道へ入れと言った以降電話に集中しちゃって一切なし、徐々に“イライラ”から“ムカムカ”にバージョンアップしてきたtatherっち、ちょっと大き目の声で「まだ真っ直ぐでいいですか!」と言ったらギリギリで「あ、そこ右!」と運転してるtatherっちの鼻先まで手を持ってきて進路を指差した。その後も突き当りまで来て「どっちですか?」って聞くまで答えないし、少し直線が続いたのでそのまま走ってたら「あぁ!行き過ぎた・・・」って、エェ加減にせぇよ・・・。

 やっとこさ駐車場に入れて車を降りても彼は助手席に座ったまんま電話中。でも清算に現れた、既に怒り心頭に達してるバシさんの顔を見た途端「後でもっかい電話するわ・・・」と慌てて電話を切った。そしてバシさんが一言・・・

「おいくコ:彡りん、お前もウチで仕事してるんやから土曜のこの時間がどんな状態か良ぅ知ってるやろ!!」

 そう、本日最悪のお客様は・・・他でもないウチのスタッフくコ:彡りん氏、因みにその前に降りたヤローもウチの二種ドライバーのリンちゃんだった。“立場変われば”ですか・・・ガックリ。

一過性に終わらない事を祈る・・・(-人-;)

 あの一件以来社長がちゃんとお迎え依頼の情報・・・特に時間だけは最低限言ってくれるようになった。ただ、社長とひと悶着あった後“ほとぼりが冷める”までの期間限定ってのが何度もあったので信用はまだ出来ない。ただね、会社ってのはお互いの信頼関係の元で協力し合う事で成り立っていくモンだと思う。 「次ダメなら辞める!」なんて勇気は今のtatherっちにはない。だから・・・何とか! この状態だけはずっと守って頂きたい。

 それからK太郎氏、今日社長が唯一時間を言い忘れた1件に対してtatherっちが「時間は?」って聞いたら「(相変わらず)ナシですわ!」と不機嫌そうな返答だったけど、「あ、こないだ社長にね、『時間、言いたくなかったら言わんでいいけどそれでも聞くだけは聞きますよ!』って言っといたんですわ。」って言ったら「えぇ!そうなんですか?」って“寝耳に水”の反応したよね? 先日の一件の結果について聞かれた時“全面降伏”したって答えたのはちょっとイジワルだったかも知れないけど、あの時帰社するまで煽るだけ煽っといて、社長とお母さんの“連合軍”に「白(続ける)か黒(辞める)か?」なんて迫られてるその場に居ながら平然とメシ食って“シカト”決め込んで、その上話の途中で帰っちゃったヤツにその後どうなったか?死ぬほど消耗しながらの“孤独な戦い”の内容を事細かに説明するのが馬鹿馬鹿しかったのだ。

 今後tatherっちは「それでも現状が気に入らないなら辞めるしかない」、そう言うスタンスで行くから気に入らない事は各自の意見として何とかしなさい。但し、自分にとっても大切な事ならそれくらいは助太刀しますが・・・。

声が出ない・・・。

 日頃のストレス発散に久し振りに“スナック”に飲みに出掛けた。以前はこの手のとこ、一人ではとてもじゃないけど行けなかったんだけど、最近はむしろ一人で行く方が気楽で楽しいと思うようになった。この日もしっかり楽しんではきたけど・・・もう随分前からの悩み、カラオケ・・・て言うか“歌”がすっかり歌えなくなってしまった。歌唱力に関しては学生の頃から「いやいや・・・」なんて謙遜しながらも、ガヤガヤ話し声のするお店でも歌い出しと同時にその話し声をピタッと止ませるくらいの自信はあった。結婚式やその他イベントでもtatherっちへのリクエストは「何か歌ってください」ってのが殆どだったけど、今やその声が出ない。声域や声量はモチロン、更にファルセットも全くダメ・・・。“話し声”についてはお客さんから「エェ声してますね?」とか「声優さんとかナレーター出来そう!」、「歌上手いんじゃない?」などと、よくお褒めを頂く(顔は褒められた事ないけど・・・)。ただ、とにかく“歌えなく”なっちゃったのが凄いショックではある・・・。

 最近“一人カラオケ”ってのがあるみたい。チョコチョコ通って3~4曲歌ってたらまた以前のような声が出るようにならないかな? 一度行ってみようかな・・・。

今日も「カチッ」てア~タ・・・

 今日はバシさんとのペアでtatherっちが受付。序盤のお伴を終えた後、次のご依頼先に向かうべくキーを捻ったら「カチッ」て・・・おい~!昨日に引き続き・・・でも今度は随伴車でバッテリートラブル?

最終的には何とか収まったけど・・・疲れたぁ~。

数十年振りに復活の技 ~一人押しがけ~

 夜のお仕事出勤前、いつものように“やよい軒”で腹ごしらえした後若干早目に会社の近くで仮眠を取るのがtatherっちのパターン。ただ、いつもと違ったのは・・・今日は猛暑だという事。夕方6時前ってこの季節、全くの“昼間”だったりする。いつもの“ラ・ムー”というスーパーの駐車場で炎天下でエンジン切って寝てたら出勤する前に汗だくになっちゃうし、それ以前に眠れないし、またそれ以前に死ぬわいな・・・。だから1Fが駐車場になった「新製品が安い」が売りの某大手家電に車を止めて、エンジンかけたまんまエアコンつけて寝てた。暫く経ってから何気なくメーターパネルの水温計見たらもうレッドゾーン手前!慌ててエンジン切ってまた暫く寝て・・・でもやっぱし暑いのでそろそろ水温も冷めただろうとキーを捻ったら「カチッ」て・・・それだけ?

 tatherっちのパンダちゃん、実はエアコンに持病を持ってて何かの通路が詰まりかけてるとかで正常に減圧が出来ずかなりの熱を持っちゃうらしい。そうするとそこが冷めるまでイグニッションに連動しない電動ファンがひたすら回り続ける。それがこの猛暑でヒート気味で更に長引いてバッテリー食って回転が弱まって更に冷えるのに時間が掛かる分バッテリー食ってて・・・気付いた頃には既にクランキング出来るだけの余力は残ってなかったみたい。おいおい、出勤までもうそんなに時間も無い。んで・・・久々にやりましたよ♪“一人押しがけ”。ただこの駐車場、緩やかに傾斜があるのによりによってフロントが上向いてる。バックで押しがけなんて出来るかな?結果NGでした。その後は前進で何度か試みるも中々エンジンが掛かんない・・・。
 学生時代、カノジョとのデートの別れ際に当時の愛車だったFRの頃の“いすゞジェミニ ZZ(ダブルズィーって読む)”で、そしてその次の愛車初期型のBMW320(320i じゃない)で「それじゃっ!」と爽やかに手を振った後、車のケツを押して勢いをつけてドアサイドまでダッシュして車内に乗り込み4速くらいにギア入れてクラッチをポンと繋ぎガクガクなったらアクセル煽りながら再びクラッチを踏む、そして改めて2速にシフトし颯爽と去る。こんな事しょっちゅうだったんだけどさすがに20年以上(30年近くとも言う・・・)昔の話。その後“元ヨメ”となるその時の“カノジョ”と一緒に出て行った3人の娘が“イカ臭いタンパク質”になる以前の・・・と言うかまだ輪廻転生する“前世”で死にかけてた頃かも知れない。体力の衰えもあるだろうけどさすがに勘も鈍っちゃったかな?と思いながらも良く見たら・・・キーがオフになってた。(^^ゞポリポリ
 改めて緩やかな傾斜を真っ赤な顔して押し上げて一旦サイドまで行ってハンドル切って頭を下に向けて車に乗り込む。斜面を転がりそこそこ勢いが付いたとこでイグニッションオンの確認してギアを4速へ、んでクラッチミート、ガクガクしたところでアクセル煽って再びクラッチ切ってもっかいアクセルを煽る。「グォン!」(^。^;)ホッ

 ギリギリセーフで会社に到着してエンジン切ったら・・・また性懲りも無く電動ファンが回りだした。出発準備を終え外に出たらその回転音がまた頼りない。試しにキーを捻ったら「カチッ」・・・やっぱしぃ?

ファイル 154-1.jpg
 今日は初の配車依頼が中々来なかったのでその間ユックリ充電出来たかも♪ 帰りは難なくセル一発だったけどこれからが夏本番。何か対策考えないと。モチロン“エアコン修理”なんて選択肢は経済的に・・・ない。

早朝ホルモン大会

 夜の仕事で権力に屈してからミョ~にガックリきちゃって食欲がない・・・。ただ、昨日帰宅後一杯飲ってたらちょっと小腹が空いたので冷凍庫にあったタレ漬けホルモン焼いて食った。そしたら煙で家中真っ白、油で床はツルツル・・・。オマケに焼き加減が浅かったのかそれからずっと酷い下痢ピーで・・・。

やめときゃ良かった・・・。

今日も“現役”です。

 今日“癒しの女神様”から「酷く酔ってる時にtatherさんが迎えに来てくれたらな、『今日は(リバースモードだけど)大丈夫♪』ってホッとするねん!」と有難いお言葉を頂いた。tatherっちはね、たまにある貴女の“深酒”が心配です。もう7~8年になるかな?それで大切な友達亡くしちゃったからね(そいつは“酒浸り”だったけど・・・)。昨日辞めちゃわなくて良かった♪

 それから社長、今日みたいな配車指示がずっと出来れば従業員はきっと文句言わない。“リスペクト”ってのは地位や強制で得られるモンじゃない・・・。

tatherっち、“権力”に屈する・・・(ノヘ;)シクシク..

 約束の時間を頑なに言わないので「それなら」と敢えて催促せず待たされっ放しでいた事にクレームを付けに来た社長、お迎えのお店の前まで来て最後の最後に「1時20~30分や!」って・・・思わず「分かってて何で最初に言ってくれないんですか!約束の時間分からんで催促なんか出来ませんわ!それなら社長が催促したらいいでしょ!!」と怒鳴りつけてしまった。

 仕事を終えて帰社したら社長が待ってて「ボクのやり方が気に入らないなら辞めたら?」 それよりずっと回りくどい言い方だったけど要はそういう事ね。tatherっちは・・・お約束の時間、行き先、お名前etc. 分かってる情報だけでいいからその都度ちゃんと伝えて欲しい、それだけなんだけどな・・・。特にお迎えの約束する以上時間は必須でしょ? “お客さんに食べさせて頂いてる”、そのお客さんの為に、そしてスタッフ全員一丸になって頑張れるようアナタはどの程度の事をしてるのかな? ミスや漏れがあった時に「忙しいから仕方ない」って言うのは、とにかく頑張って・・・それでも“やっちゃった”人に対して周りがフォローしてくれる時の言葉で、ミスした本人が言っちゃったらただの“言い訳”に過ぎない。その言い訳が「ボクのやり方」そのものだった。「忙しいから一々連絡できない!」とか「忙しかったら行き先なんて言えないし、それ以前に“メンドクサイ”」とか・・・。40過ぎた、それも会社のトップが免罪符のようにそれを連発する。そっか・・・仕事が増えるのが“メンドクサイ”から不可能なのね・・・もうえぇわ。挙げ句「tatherさん、“社長”に対してのリスペクトが足りひんのちゃう?」とまで言い出す始末、“リスペクト”ってどういう意味だったっけ?真剣に考えたわな・・・。
 それから・・・帰社するまであれだけ同調して(場合によっては率先して)色々言ってた今日の相方K太郎氏、その場では完全に他人事で聞き耳は立てながらも全く知らんぷり、お母さんの今日の夜食“豚肉丼”を「お母さん、今日の丼ぶりムチャクチャ美味しい!」と連発しながらがっついて、メシ食い終わったら社長&お母さんの“連合軍”に促されるまま「お先でぇ~す♪」と帰っちゃった。結局自分は戦いたくないからそれまでの自分の不満もtatherっちに押し付けて・・・煽ってただけだった訳ね。アンタとはもう腹割って話さない。バシさんやくコ:彡りん氏なら同調なんてしないだろうけど自分の意見くらいはちゃんと言ってたんじゃない?

 結局・・・その間何度も口を突いて出そうになった「はいわかりました。今までお世話になりました。」の一言は言えなかった。やっぱりtatherっちも我が身がカワイイのだ。情けない・・・。

高ぅ付きまっせぇ~♪

 いつもの電気屋さん経由で今回ご依頼頂いたのは、お客さんご自身がビデオカメラで撮影してきたDVDのコピー、これを仲間に配りたいとの事で5枚と、その中に写真が入ってるのでそれをその写ってる人数分プリントして欲しいとの事。メンドクサそう・・・。
 実際に内容を確認してみたら写真・・・とは言っても最後のチャプターに静止画のスライドショーが流れてて、これを“写真”だと言ってるみたい。画像は止まってるけどこれって“動画”になるんじゃないかな? そんな訳でこれを印刷しようと思ったら、“スナップ・ショット”とか言うワザで動画の1コマをその都度取り出すしかない。更に作業PCにはその辺出来るアプリがなかったので自宅から探してきてインストールの後、30枚以上あった写真を一枚ずつスナップ・ショット♪ ただ、実際に取り出してみたらミョ~に幅が凝縮された写真として出力されちゃう。でぶっちょのお客さんなら喜ぶかも知れないけどね・・・。んで“ペイント”で、これを更に120%の幅に伸縮加工を施し一旦保存の上、“ピクチャーマネージャー”で明るさやコントラストの調整をして・・・ついさっき印刷まで完了♪

 作業日数に関しては、準備しなきゃいけない事や試行錯誤も結構あったので、結局4~5日を要することになった。DVDのコピーはともかく、キャプチャー画像の印刷は画質も悪い・・・こんなモン貰ってみんな喜ぶのかな? ただ、仕事は仕事です!出来る限りの事はしっかりやりました。手間と時間考えたら・・・こりゃ高ぅ付きまっせ~!

トップページ、久々の画像変更!

 久々にトップページ画像を変更した。前回画像を変更してからどれくらい経つかな? 当時のアルバイトで岡山まで豆腐を運んでる途中、備前市から岡山市内に向かうブルーラインの景色を4tトラックの窓から見た写真を絵画調に加工したものだったけど、それならもう10年ぐらいになるのかも? 最初を飾ったのは画家でもあった高校時代の先生に結婚祝い(もう離婚したけど・・・)に頂いた絵だった。その流れで・・・ただ、絵は苦手なtatherっち、手持ちの写真を絵画調に加工して、次は5年近く前に死んだ“ぴゃ~”を、そしてその後前出のトラックからの景色を。んで、今回はモチロン・・・

ファイル 149-1.jpg

 パンダちゃんなのだっ♪ 友達の工場へ冷やかしに出掛けた時に工場の中に置いてある彼の愛車、カワサキエストリア越しに見たパンダちゃんとの構図がちょっとステキだったので何枚か撮ったうちの一番気に入った写真をトリミングの上またまた絵画調へ。ただこの作業、その友達の工場でチャチャッとやったので改めて見たらちょっとクッキリし過ぎてバランスが悪い・・・。そんな訳で明るさとコントラストの再調整をして今完了♪ 次回の変更時、その時は夢のフェラーリを載せられるか? そうでないなら、その時は“来た時よりも美しく(南山城少年自然の家か!・・・地元ネタ?)”パンダちゃんが調子良く現役でいられれば嬉しいんだけどね。

プッツン

 週末、いつもご利用いただくカップルがいる。早い時間のご予約で押さえられちゃうので二時間だの三時間だの待ち時間が掛かると言って諦めさせる訳にも中々行かない・・・。そう、うちのドライバーみんながこのカップル行くのイヤなのだ・・・。今日は12時半のご希望に沿えず1時の約束になったんだけど、その2~3分前にお声掛けして約束の1時を過ぎてから店の中からその彼女の歌声が聞こえてきた。1時になった時点で歌ってたのは他の人。相方K太郎氏と「おいおい、約束の時間過ぎてから歌い始めるか?」と呆れた。「それくらい待ってやればいいんじゃないの?」と思ったアナタ、仰る通りです♪ お声掛けしたら普段はちゃんと出てきてくれて、でもたまにリクエストした歌が間に合わなくて「これだけ歌わしてな!ゴメン・・・」そんなお客さんならね。ただこのカップル(と言うか“彼女”の方)、以前はもっと酷くてもうウチがお迎えに行く時間だと認識しながら追加のドリンク頼んだり歌を入れたり、オマケに帰りはいつも途中のコンビニに寄ってノンビリ買いモンしたりする。これでもずっと失礼がない程度に1分1秒でも早く仕事を片付けないと他のお客さんに影響する事を遠回しに伝え続けてかなりマシにはなったけど、彼女はそれ自体不満らしい・・・。

 以前、M嬢が電話を受けた際に先回りして「今日はかなり混んでますのでコンビニまで寄れませんがいいですか?」と伝えて、それ以来コンビニに寄る事も多少は減ったけど実はそれを根に持ってたみたいで、ある日「コンビニ寄ってくれる?」って言うので「後がかなり支えてますのでとにかくお早目にお願いしますね・・・」と若干困惑演出を加えてお願いしたら「アンタんとこも待たせるくせに何でこっちが待ってくれ言うたらいっつもイヤがんの~?」と泣き出してしまった・・・。tatherっちが答える前に彼氏(通称=パパ)が「代行さんも忙しいねん。後のお客さんとの約束もあるしその辺わかってあげな・・・ね!」となだめたら「何でパパまで代行の味方すんのぁ~」と更に泣く。でも彼女、最後には「ゴメン!今日あたし虫の居所が悪かってん、代行さんが忙しいのもよくわかってんねんけど・・・ゴメンなぁ~、でも納得できひんねん!!」と大号泣、わかってるのかわかってないのか・・・?

 今日の話に戻って・・・結局約束より10分過ぎてやっと出発、んでコンビニ・・・。コンビニに寄った時はいつも代行ペアの為のコーヒーも忘れない。「気は心」、優しい人なんだけど“天然”の彼女にこっちの緊迫感はどうしても伝わらない・・・。お伴を終えた時にパパが「後支えてるんやな?」って言うので「運転ちょっと荒かったかも知れません。ホンマすみません!ただ次の約束、5分後に船橋(ホントの話、ゼッタイ5分では行けない場所)なんですわ・・・」こっちの現状もわかって頂きたいので敢えてそこまで伝えたら・・・

パパ:「えぇ~!!5分後に船橋? そら無理やわ・・・ホンマゴメンな!!」

それに対して彼女:「パパが謝ることないやん!」

ちょっとムカッ!となりながら・・・
tatherっち:「いやいや、すみませんね・・・そんな状態なんで正直かなり焦ってます。」

パパ:「そら大変やわ!ホンマゴメン・・・。」

そしたらまた彼女:「だからパパが謝ることないやん!1時の約束なんやから・・・」

 んでtatherっちプッツン!:「はい、謝って頂く必要はございませんから、ただ、1時の約束だと仰るなら1時に、ちゃんと出てきて頂ける事だけ、ホンマそれだけ!お願いしたいんですわ!!」“相棒”って刑事ドラマで最後に犯人をたしなめる水谷豊のような口調で“静かなる怒り”を彼女にぶつけた。ただ我々の相手は“犯人”じゃなく“お客さん”だから続けて「失礼を承知でお願い致します。ホンマ申し訳ないです!!」と深く頭を下げて車に飛び乗って、全開加速でその場を去った。お店の前で約束の時間から待った10分、そしてコンビニで待った3~4分、そしてお伴を終えた時の残り時間5分・・・。実際の待ち時間がウチで計算してる限界の“5分”以内なら何とか間に合ったはず。

 地域最安だけど考え得る限りの最良のサービスを提供出来るよう常に心掛けてきた。それを更に少しでも多くのお客さんに提供しようと思ったらシビアな時間調整は必須なんです。約束の時間過ぎても気にせず歌いたいなら、その上コンビニでユックリ買いモンしたいなら、そしてそれぐらい待つのが“普通”だと思ってるなら・・・それでもOKだと言ってくれる他社をご利用頂きたい!ただ・・・最近休みの日以外電話を抱え込んじゃって離さないウチの“トップ”が約束にルーズだから強く言えない事が多くて・・・(ノヘ;)シクシク..

もう一週間・・・

 20歳ほども年上で“友達”・・・なんて呼んでいいのかな?アベノキさん(仮名)が故郷の九州に帰っちゃってからもう一週間ほどになる。そのほんのちょっと前に突然の依頼で彼がPC始めた頃から面倒見てきたマシンやその他の機器の引き揚げとデータ消去を引き受けた。
 アベノキさん、元々は電気屋さんやってる友達の一族と(他人だけど)殆ど家族みたいな関係で、少年tatherっちとはたまに顔を合わせることもある何となく面識のあるオジサン・・・くらいだったんだけど、彼がPC始めた時にセットアップや使い方の家庭教師的な付き合いになった。その上友達がやってる切削工場にパート社員として勤め始めた事で更に身近な関係に。誰に対しても分け隔てなく、面倒見のいい人で彼にとってはtatherっちも含めて知り合った人全員が“友達”って感じであらゆる人間関係に溶け込んじゃう。細かい事は気にしないタイプだけど、頑固で大人気なくてちょっとワガママな面もあったり・・・でも、彼を悪く言う人も決して嫌悪なんかではなく、親しみを持っての悪口だった。

 tatherっちがホントに経済的に苦しい時、下らないトラブル作っては「先生、ちょっとPC見に来てぇな!」と電話が掛かってくる。そして意味不明な抽象的な説明を始める。それにイライラしながら「言ってる事ゼンゼンわかりませんが・・・○○って事ですか?」と返すと「何でもエェから見に来てぇな!今忙しい?」と言うので「もう・・・わかりました!行きますがな!!」とちょっとこっちも喧嘩腰に返すと・・・「ありがとな、先生!弁当買うとくし。一緒に食えへんなら持って帰り♪」って。行ったらホントに大した事ないトラブルで、その後弁当をご馳走になって、帰る時は「先生大食いやから弁当だけやったら足りんやろ? これ(コロッケだったり刺身だったり鰻だったり)帰ってから食べてな。ビールも買うといたけど帰るまで飲んだらあかんで♪」、更に「これ出張料な!」と1,000円から10,000円の間・・・たまに“サービス”の時もあったけど・・・その日の懐具合に応じて手渡される。遠慮してもゼッタイ返せない。それまでの自分の非礼に泣きそうになりながら帰る事が何度もあった。メドが着かない支払いなんかも当時山盛りあったので何度も救われた。

 そんなアベノキさん,ある日健康診断で肺ガンだとわかった。幸い早期で手術は上手く行ったんだけど、それまで住んでたボロい(ながらも居心地のいい)借家から府営団地に移ってからは「タチの悪い肺炎」だとかおかしな首の痛みだとかで体調が優れない日が多く、たまにお邪魔しても元気がなくなった。「アベノキさん、最近エライ弱気ですやん!」と突いても「あぁ、悪ぅなるばっかしや。もうアカンのかもな・・・」と来る。“寄る年波”には勝てないのかも知れない。ただ、それまでの“ガハハおじさん”的な豪快さは感じなくなった事がすっげ~寂しかった。

 PC引き揚げの日、すっかり身支度が整った彼の部屋。整然とした中でそこだけゴチャゴチャと配線されたネット関連機器とPC、そしてその各部を切り離していく。一通り作業を終えた。「先生、別に急いで帰らんでもエェんやろ?」ただ・・・その日は結構激しい雨、団地の入口付近はそこまで爪先で飛び跳ねるようにして進まなきゃいけないような水溜りになってた。そこを通って車までバラバラになったデスクトップPCを運ばなくちゃいけない。それが憂鬱で、「いや、今日はもう帰りますわ」。大切な友達との別れを惜しむより、早く“仕事”を終わらせたかったのだ。そしてそれが京都での彼との別れとなった。

 2~3日前、故郷の医療施設に入り落ち着いたところかな? 彼から電話が入った。丁度お客先で話せる状態じゃなく、折り返し折り返しで夕方やっと話しが出来た。(インターネット関連の)解約が全部済んだかどうか不安だとの相談、彼の通帳の内容確認した上2~3アドバイスをした。最後に「先生~、今までありがとな!」って・・・元気そうなのに“永遠の別れ”みたいな言い方すんなよ!!泣きそうな気分になるのを堪えて「これっきりじゃないでしょ?しっかり稼いで遊びに行きますがな!!」またまたちょっと喧嘩腰で返した。


 京都から九州(大分だったか宮崎だったか・・・?)ってムチャクチャ遠いわな。ただ、もう少ししたら必ずそっちまで遊びに行くから。だって送別会も餞別も今までのお礼も!何もしてないから・・・。

あぁ、うっかり♪

 「お昼の仕事が長引いちゃったので今日の出勤、15分前後遅刻します・・・。」と出勤前の腹ごしらえにお邪魔した、いつも代行を利用して頂いてる“癒しの女神様”が店長さんの鉄板焼きのお店“JJ○”さんから社長に電話した。カウンターの隣の席には、ついさっきまでいた女神様に代わって何故か今日の相方くコ:彡りん氏が・・・出勤時間の確認のため電話もらった時に「別にユックリでエェよ~♪」と返事した事でここに向かってると感付いたらしい。普段“KY”のくせにそんなとこだけ敏感なのね・・・。彼が来たことでこりゃカンペキ遅刻と悟って早目の連絡。んで社長、「はぁ~い!わかりました~。気ぃ付けて来てくださいねぇ~♪」との事。

 実際には5~6分遅れで事務所に到着、くコ:彡りん氏が「おはようございます。今揃いました。」と出勤連絡をした。「今何もないので(ご依頼が)入ったらまた連絡します。」と社長。んで出発準備が出来たところで配車指示が入った。電話を切った後くコ:彡りん氏が「○○(店名)でXX(客)さんとのことです。それから社長が『お好み焼き美味しかった~?パンダも停まってたな~♪』やて・・・。」

 うっかりしてた・・・。「お昼の仕事が長引いちゃったので“食事が遅くなった為”今日の出勤、15分前後遅刻します・・・。」って言うべきだったのを省略しすぎた。それと営業圏内だった事もね・・・(V)o\o(V)ふぉふぉふぉ

私の・・・ハート!ぉ!おが!

 お昼のお仕事、「Outlookのアドレス帳、数日前まであった中身が消えちゃってる」との事で出張依頼。客先へ着いて早速作業開始、5~10分ほど色々調べてたらお客さんが徐にどこかへ電話を掛けた。「先日教えて頂いた通りやったらメールのメッセージとかは元通りになったんですがね、アドレス帳が空なんですよ~」って・・・おいおい、その為にtatherっち呼んだんじゃないの?どこに電話してんの? んでお客さん、「調べてから折り返し電話くれるそうです。掛かってきたら『詳しい友達に代わるって言いますから応対してください』」って・・・へっ?へぇ~っ!?

 暫くしてその“折り返し”が掛かってきた。早速その初対面のオッサンの“友達”として電話に出たら・・・「エ○オン(某大手量販店)サポートのヤマダ(仮名)と申します。早速ですがぁ~」と話を始める。先方の指示に対して・・・「はい、それさっきやりましたよ。」そしたら先方「いや~、○○の中にあるXXを開いてですね~」って言うからtatherっち、「その後△△するんですよね?だからやりましたよ。」・・・その続き

先方:あぁ、そうでしたか?それでしたら◆◆から□□に入ってぇ~・・・

tatherっち:◆◆の中に□□って項目ありませんが・・・

先方:え、ありませんか?

tatherっち:その項目は◎◎の中ですよ。

先方:あ、そうですか?いやぁ~今PCの前に居ないモンで・・・もう一度調べて掛け直します。

tatherっち:(内心)あなたの言う事全部やったんですが・・・。多分「もう一度調べた」結果もtatherっちが帰る頃は全部やってると思いますよ・・・。

 んで改めて掛けてきた“エディ○ン”サポート氏、「いやぁ~、調べてみたんですがすぐにはわかりそうにないんで・・・お客様に代わって頂けますか?」との事で電話を代わって・・・切った後お客さん、「実際に見ないとわからないって事で後で来てくれるらしい。熱心な人だ。」って・・・そりゃ“来てくれる”以上有料サービスだから手抜きは出来んでしょ・・・。

 結局アドレス帳の一括インポートについてはtatherっちもわかんなかったけど、“vCard”って形式でWindowsのアドレス帳から一件ずつインポートしてやればOutlook2013のアドレス帳に追加出来る事はわかったので実際にインポートの作業を見せた上その方法も詳しく説明してきた。モチロン出張料は時間通りしっかり頂いてきた。

 ただお客さん、もう呼んでくれなくてもいいよ。tatherっちを量販のサポートのサブとして使うつもりならね。tatherっちがキューティーハニーなら・・・ハートがチクチクしちゃってるとこですわ・・・。

スポッチャ♪

 昨日の夜の仕事を終えてから解散の時、車に乗り込んだtatherっちの所へバシさんが来て「みんなでボウリング行くけどtatherさんも来ぃひん?」と誘ってくれた。昨日はお昼の仕事で朝から出掛けてたので実はあんまり寝てないんだけど楽しそうだったのでモチロンOK! 近所のROUND1に出掛けた。
 朝4時から6時まで営業してる施設をフリーで利用できるコース、ボウリング3ゲームと卓球、テニス、バスケ、パターゴルフと2時間しっかり遊んできた。帰り道はもうすっかり朝、周りの車は多分職場に向かってるんだろうな・・・。

 tatherっち、今日もお昼の仕事があるのでそこそこの時間には起きなきゃいけないんだけど、行って良かった♪ 今週の代行勤務、2勤2休で今日・明日は休み、そして木・金と出て土日がまた休み。正直もうストレスの限界で、会社や仲間、お客さんの事も全て忘れてホントは今日から日曜までずっと休もうと思ったんだけど経済的にちょっと無理っぽいので控えめに・・・。タクシーと掛け持ちしていた頃以来の連休前の明けに景気付けに発散できたのが嬉しかった。スポーツ、たまにはしないとねっ♪

ドグサレ会

 tatherっちが今の代行の仲間に入れてもらった頃にいた若き二種ドライバー、1宮氏が結婚したという事で・・・とまぁ、それは単なる口実として金曜、当時のメンバーで集まっての飲み会“ドグサレ会”が開催された。とは言ってもたった5人だけのささやかな集まりではある。この“ドグサレ会”、tatherっち(その他全員だけど)が入った年の年末に一回、年明けの繁忙期が落ち着いた時にもう一回・・・それから一年半近く過ぎての今回が三回目。去年の今頃に一度計画があった時はあんまり休んでないtatherっちの為に社長が「tatherさん、ずっと頑張ってくれてるからこの日休んでもいいよ♪」と言ってくれたからその日に決めたのに、計画を知りながら一言の断りも無くtatherっちの勤務を勝手に書き換えて延期、これ二週続けてやられてそのまんまうやむやに・・・。んでM嬢が退職した際に“送別会”と言う事で計画された時は主賓のM嬢が腸炎でぶっ倒れて中止・・・。

ファイル 143-1.jpg
 一軒目のお店は以前から当時のメンバー同士、一度行ってみたいと言ってた居酒屋さん。当時の懐かしい話題から現状の話、仕事ネタからエロ話まで・・・相変わらず“スパイシー”に飾り立てる輩ばっかし、ムチャクチャ盛り上がった。二次会は以前行ったけどお店が一杯で入れなかったカラオケ喫茶。こちらも相変わらずでみんな歌のレベル高いわ・・・。更に物足りないメンバー、一人も帰ることなく、ここは前回の一次会に利用した居酒屋さん。ただ、着いた時点で“取りあえず生”二杯ずつくらい飲んだ後に4合瓶の焼酎みんなで3本ぐらい空けてからだったのでtatherっち、すでに“ヘベレケ”状態。それ以降の記憶、半分も残ってない・・・。

 このメンバーで次、いつ集まれるのかな? “懐古の情”に浸るつもりはないけど、このメンバーで走ってた頃が一番楽しかった。

ご都合主義

 最近・・・社長の仕事ぶりがいよいよ目に余るようになってきた・・・。ある日は司令塔のK太郎氏に「今日は体調悪いので(残りの)2台でヨロシク」とメールで欠勤の連絡を、それも営業始まってから随分経ってから送っておきながら、その日8時出勤のバシさんには「今からチヨちゃん(仮名、いちねんせいの娘)と(ゴルフの)打ちっ放し行くねん♪」と元気に言ってたとか、またある日は7時過ぎてから「今神戸にいるから帰るの10時くらいになるわ・・・。ボクは大丈夫なんやけどヨメさんが“休みモード”で・・・。」とか言いながら8時頃には何故か事務所にいてそれから2時間ほどしてから「いつでも行けるでぇ~♪」と急に出てきたりとか、ムチャクチャ忙しかった日の翌日、「昨日は忙しかったなぁ~!ウチも必死やったわ!」などと言ってたけど、実は・・・入ってくる代行依頼に対してチヨちゃんが「パパ~、行かんといて!そんなんあっち(もう一台)に振ったらエェやん!」と泣くので言われるがまま全部サテライトに振って自分はずっと事務所にいた事を、前日のうちにお母さんに聞いてた(バシさんの体験)・・・とか。

 先日社長から「tatherさん、(シフト表に名前が無いけど)日曜日出れへん?」と聞かれたので「いえ、出れますけど9時とか10時とかなら出ません。」と答えたら、「大丈夫、出れる人いるし。」と言うので「誰ですか?」って聞いたら「“カマタさん”って人」って・・・。“カマタさん”って誰?週末のクソ忙しい日でも平気で休んで、自分に関係無い時はお構いなしで一台稼動させるくせに自分が一台稼動って事態になると何でそんなに嫌がるのか、今まで聞いた事もない知らない人とか既に干した人とか・・・もう一台稼動させる為に誰彼無しに引っ張ってくる。さすがにプッツンきて「もうそんなん止めましょ!日曜は休みますわ!!」と返したらムスッとして「あ、そう?はいはいわかりました!」だと・・・。

 社長、アナタの身勝手な都合にお母さんやtatherっち他スタッフ全員、更にお客さんに至るまでが散々振り回されてる事をいい加減認識すべきじゃないの? シフト表の社長の欄も全く当てにならない。名前があっても出ない日もあれば無い日に出てたりする。結局のところその日の気分で出たり出なかったりしてるんじゃないの? 他のスタッフの士気とかモチベーションを一番落としてるのは他でもない“我らがボス”自身なのだ。所詮“やる気がない”系のニート上がりに人を引っ張る資質なんてあるわけないのね・・・。

 この仕事は好きだし、スタッフや、そしていつも利用していただいてる馴染みのお客さんも大切に思うから、そして何より生活の為、“究極の選択”は考えてない。ただ、勤務の間、ひたすら入力され続けるストレスもタダモンじゃない。社長が受付の日はそれだけで出勤が憂鬱になる・・・。「何とか言っても社長の会社、“ああいうヤツ”と割り切って仕事せなそりゃ持たんで!『私らは指示通り動いてるだけなんでようわかりませんわ・・・』でええんちゃう?」と言うバシさん、特にストレスの多い週末を中心に勤務を減らして対応してるK太郎氏、自分も本気で考えなきゃこれ以上“気持ち”が持たなくなってきた・・・。

デビューラン♪

 5月20日の朝、最近めっきり暑くなっちゃったからドライブに出掛けるにはこれくらいの方が丁度いいかも知れない、そんな若干の曇り空。やっぱり最初はステキなオネ~チャン乗せてのデビューランを飾りたかったので、納車のメドが付いた時に思い切って代行のお客さんで仲良くなった某店のママさんを誘ってみたら快くOKを頂いた♪ ただ、最初の予定日はtatherっちの完全なフライングで納車が間に合わなくて延期。んで納車日がハッキリしてから先ず決めた日はママさんのお店の団体予約と重なっちゃって再び延期・・・。んで、“三度目の正直”でやっとこの日を迎える事となった。

ファイル 141-1.jpg

 早目に起きて先日コーティング処理を施したボディをサッと水洗いして外観はピカピカ♪ ただ、内装は正直お世辞にもキレイとは言えないので前日に買っておいたシートカバーで誤魔化して待ち合わせの場所にお迎えに出掛けた。約束の時間よりちょっと早く彼女も到着、そしてラブラブドライブデート(オッサン表現かも?)・・・的デビューランがスタートっ♪

 んでゴールの待ち合わせ場所へ到着!・・・って・・・その間のコースとか会話とかないの?なんて聞かれそうだけど、モチロン一緒に食事して街中や景色のいいとこ流して、笑いも交えた会話もあって・・・。ただ、“調整”程度しか乗ってないからまだパンダちゃんの運転に慣れてなかった事もあるけど、あくまで“特別な運転”に最大限の神経を使う“代行モード”の運転なんて普段は出来ないのだ。助手席でギア・チェンジやブレーキングする度に前後に、ギャップを拾う度に上下に揺すられてる“代行モード運転”しか知らない彼女に申し訳なくなっちゃってね・・・。コンテとかラパンとか、それと同様にパンダちゃんの小型で角ばったスタイルは女性に受けそうだけど“デート用”には向かないかも・・・。下駄履いて学ラン着て斜に構えて(「そんなヤツ今時おらんわい!」って・・・あくまでイメージ! ねっ♪)・・・「乗りたぁ~い♪」と言ってくる女どもに「乗せてやらいでもない!」と呟ける漢(『おとこ』と読もう♪)の“硬派”車・・・なのかも?

 あ、因みに“軟派”なtatherっちは「疲れたんじゃない?ごめんね!」とか「また良かったらメシでも付き合ってね~」とか・・・若いモンに示しがつかんがな・・・m(。-_-。)mス・スイマセーン

デビュー間近♪

 デビューまでの間、各部のチェックや調整という事でお昼の仕事のない日、夜の仕事が終わってからチョコチョコその辺を流してみた。エアコン稼働時のファンベルトの鳴きやフロントグリルの固定不良、思ったより頼りになるワイパーゴムも変形・硬化で交換時期だし、車内のどっかにアリさんが住み着いてて気付いたら結構あちこちに這い回ってる事の他、天井部分のキョーレツなニコチン汚れとかシートの色褪せetc・・・こりゃ大変だわ。
 車内のクリーニングは業者に出したら3~4万、整備費ケチってるのにそんな金はどこにもない。取りあえず車内クリーニング用のスプレーを滴るほどかけて濡れタオルでポンポン叩いたりして多少はマシになった。アリさんはもう少し暑くなったら引っ越しするか死滅するんじゃないかとひとまず放置。んで外観。

ファイル 140-1.jpg
 塗り替えから多分そんなに経ってないかなりキレイな塗装状態は洗車の後ポリマーコーティングをした。基本その手の事あんまりしないtatherっちだけど、ボディに塗り込むだけで9か月も効果が持続するなんて便利なモンも出てたのでそれに決定♪ 9か月ってのは当てに出来ないにしてもたまにこれ塗りゃいいなら楽チンなのだ♪ バンパーとかミラーのガワとかサイドのモール部分とか、樹脂の劣化でいわゆる“白ボケ”状態。これも劣化した樹脂パーツを保護してくれるガラスコーティング剤ってのを塗り込んでみたら黒光りのピカピカ!ムチャクチャキレイになった♪ 後は全ウインドウとミラーの鏡部分には撥水コーティングをして、ついでに前出のワイパーゴムも“ガラコワイパー”に交換した。これ、純正では“台形タイプ”ってのが要るらしいんだけどサイズが合うのはバリエーションにない。ゴムだけじゃなく“弓”の部分も替えちゃうか悩んだんだけど取り付け部分にアダプタが必要だし、だけどそのアダプタ付けたらちょっとイメージ変わっちゃうし・・・悩んだ結果、試しに通常タイプのゴムを無理矢理取り付けてみた。形としてはちゃんと付いてるけど、実際にちゃんと使えるかは雨が降ってみないとわかんない・・・。

 最後に、BMBさんに伺ってグリルの再固定とファンベルトの再調整をして頂いて取りあえずは完了♪ 後はその週が明けてのデビューを待つばかりになった♪ 

before・・・蜜月3

 久々のご対面を果たしたその翌日、「午後には上がってると思うよ♪」と社長氏から聞いてたのでお昼ごろお店の方に電話してみた。そしたら「ゴメン、車検でヘッドライトの光量が足りないって言われたんで午後からもっかい行かなあかんねん・・・」との事。ネットで調べたら“原付並に暗い”と言われるパンダちゃんのヘッドライト、それでも車検通ってると思うんだけど、どんなレベルなのかな? その後もタイヤがはみ出してるとか色々あったようで、メカニック氏から完了の連絡を頂いたのは夕方だった。まぁ、デビュー日程も決まってないし急いでる訳でもないので「今日はもう夜の仕事なんでまた明日伺いますね♪」と伝えた。メカニック氏、「あぁ、わかりました。待ってますね!」と言った後、「それから・・・登録、4月に入っちゃったんで自動車税丸っぽ掛かりますんで。」と・・・。
( ̄□ ̄;)!!そうだった・・・その件、ちょっとは気になってたんだけど見て見ぬ振りを決め込んできた。だけど相手は“お国”、タイミング的に逃げ道はない。家のローンの為に残してあった分で何とかするしかない。まぁ、ゴールデンウィークに入るからそっちもちょっと猶予あるし・・・。「ゲゲッ!そうだったぁ・・・まぁ、何とかしますわ。」そう笑い混じりに答える心は・・・大号泣のtatherっちなのだった。

 明けて4月の24日、イタ車には辛い雨だった。税金の事もあるし車の引き取りは”ケチケチ路線”で行くべく電車とバス、後は徒歩で行くつもりで近鉄→京阪と乗り継いで中書島の駅に着いた。んでバスターミナルに行って時刻表を見たら・・・再び( ̄□ ̄;)!! 次のバスは1時間半も先って・・・本数少なすぎやんけ!途方に暮れながらもその辺見渡したら・・・ヘタってる(駅待ちしてる)タクシーが一台。ビンボー人には高級すぎるけど1時間半待ちよりゃマシかな・・・。

 BMBに着いて支払いを済まして待望のキーを受け取った。この雨の中、車体が揺れるようなパワーのベンツのそれとは全くレベルの違う貧弱な一本ワイパーでちゃんと前見れるのか不安を感じながらスタートしたけど・・・案外ちゃんと働いてくれるようだ♪ フロントガラスも真っ平らだからワイパーの力が均等にかかるのかな? それはいいとして、帰り道の20~30分ドライブした感想・・・コストを徹底的に削った車だから“重ステ”とかチャチな内装な事、設計が古いのでリーフスプリング(板バネ、4x4だけだけど)のリヤサスで乗り心地が悪いのは承知の上の話、でもドライビングポジションは“最悪”かも?ミョ~に起きたステアリングに右寄りにオフセットされたペダル類、それも間隔が狭すぎでその日履いていった靴では“ヒール&トゥ”どころか靴のつばが他のペダルに引っ掛かってまともに踏めない。更にクラッチを一杯に踏んだ状態でシートポジションを合わせると他のペダルやフットレスト代わりのタイヤハウスが近すぎてムチャクチャ不自然・・・。ただ、この辺は既に“エンスー向けの車”になっちゃったパンダちゃん、こっちが“大人”になるしかないわな・・・。その代わり走りに関しては、たかだか1,100ccで50HPながら発進時のクラッチミートは楽だし、走行中の適切なギア選びに慣れたら結構キビキビ行けそうでちょっと楽しそう♪

ファイル 139-1.jpg

 本チャンデビューはこの時点ではまだ未定、暫くはチョコチョコ走らせて車に慣れることと気になるところを徐々に洗い出して調整していこう。たまに喧嘩もしそうだけど仲良くなれそうだ♪