過去ログ

広告

 

 

記事一覧

アバラ・・・やっちまったわな。

ファイル 212-1.jpg

 たまたま覗いたゴルフショップで2,800円くらいで見つけた、まだ持ってなかったそれなりに今でも使えそうなドライバーを買ってしまった(エッちゃん女史の息子さんから頂いたヘッドの小さいのならあったんだけど・・・)。スリクソンのW-404(ロフト9.5/フレックスS)ってヤツ。今の公式ルールでは使えない“高反発ヘッド”とやらだけど、後日お師匠様に見せたら「あ~ぁ、こんなん買って・・・」と呆れられてしまった。スリクソンは基本“アスリート向け”ブランドらしい、その上ロフト角やシャフトの強さからしても当時上級者とかプロが使うレベルのクラブだったとの事。多分ショップのオネ~チャンも「アホや・・・」と思ったんじゃないかな? でもね・・・15年ほど前までtatherっち的にはずっと肉体労働系の仕事しててパワーが売りだったからその体力の衰えを認めるのがシャクだったのだ。

 で・・・どうするかと言えば、モチロン“tatherっちパワー”を取り戻すべく猛練習を繰り返すに決まってるのだっ!! 打ちっ放しに行ったらアイアンの練習の合間にチョコチョコ打ってみる。とにかく真っ直ぐ、出来るだけ遠くまで飛ぶように・・・最初のうちはそれこそ「ギュ~ン!」と右にカーブして奥行きが200ヤードあるネットの3分の1も行かないうちに右のネットに当たっちゃう。真っ直ぐ飛んでもボールが上がるどころか下の方へ一直線・・・。「うぉりゃっ!」と気合入れてボールを叩くつもりがその手前のマットを思いっきり叩いて反動でビヨヨヨヨォ~ンて・・・ダメだこりゃ・・・。でもたまに「カツっ」といい音がしたら10~15度くらいかな?それくらいの球筋で真っ直ぐ飛んでいくのが気持ちいい♪ あくまで“まぐれ当たり”に過ぎないんだけど、そのまぐれ率も徐々に増えてきた。そうなってくると2F打席からでいいから真正面のネットに直撃させることが目標になってきた。先日、キヨピー師匠と夜の部組んだ時に勤務終了後ドライバーショットのフォームを確認した。んでその後ネット直撃に少しでも近づくようにとまた打ちっ放しへ! 後半50球くらいひたすらドライバーを打ち続け、まだ“まぐれ”の域を出ないながらもたまぁ~にワンバウンドくらいでネットに届く球が出始めて・・・最後の一球でやっと目標達成!! 練習場を出た後すぐ車に乗り込んでお師匠様に「直撃報告」したらすぐにお褒めの返信を頂いた♪

 んでその翌日・・・目が覚めた時に咳やクシャミをして(あ、別に風邪引いてる訳じゃないけど)気付いた。「アバラ痛い・・・。」 ひたすら打ち続けた50球ほど、その“アスリート向け”のクラブで真っ直ぐ、力強い弾道で飛ばす為いかにヘッドスピードを上げるかに集中して・・・空振りやボール手前のマット強打を繰り返して・・・折れたか?ひび入れたか?単に筋肉痛的なモンか?はわかんないけど、アバラやっちゃったみたい・・・。

 何事にも“頑張る”のはいい事だと思うけど、いつも頑張ってる大切な人たちに「頑張りすぎちゃダメよ!」と言いながらtatherっち、我が身をもって“頑張りすぎた弊害”を証明してしまった。それから1週間ちょっと経っても痛みが治まらないまんま、まともな練習出来てない・・・。

TUMIのバッグ♪

ファイル 211-1.jpg

 今日のリサイクルショップ巡りでゲットしたお宝、“踊る大捜査線”で主人公の青島刑事がいつも身に着けてた事でも有名なブランド、TUMI(トゥミ)のブリーフケース。これね、ナイロン製のビジネスバッグなんだけど、新品で4~5万、少々ヤレたリサイクル品でも通常1万円は楽にする。モチロン中古バッグに1万も出せるほどtatherっちはお金持ちでもマニアでもない。今回の価格は950円(税別)です♪ モチロン安いのには理由がある・・・。

ファイル 211-2.jpg

 これね、ファスナー外側の解れが酷い“ジャンク品”、ハッキリ言ってこのまんまじゃバッグとして使えないレベルのお品・・・。そんな“ゴミ”に何で千円も払うのか? それはね、バッグの中身をまさぐってある物を見つけたから♪

ファイル 211-3.jpg

 新品なら5,000円近くする、かなり状態のいいネームタグが付いてたのだっ! 正直バッグそのものはどうでも良かった。随分前に、内装不良との事でやっぱりジャンク品で買ったTUMIのバッグ、100均のボンドで簡単に直ってしかも現役バリバリで使用中。さすがに防弾チョッキの生地で出来てるだけの事あって丈夫ですっげ~気に入ってたりする。ただ、このタグが欠品だったから「持つ喜び」に飢えてたのだ・・・。当時1,280円で買ったバッグで新品のタグに5,000円近く払うのはアホらしい・・・。

ファイル 211-4.jpg

 ショップを出てすぐ移植完了! う~ん、カッチョイイ♪ さて・・・バッグ本体はどうするかな? ヤフオクでジャンクで出品するか安けりゃ修理するか・・・。

“柱”の欠員に伴って・・・。

 エッちゃん女史が大怪我して当分の間出勤できなくなってしまった・・・。年末のこの時期に、我が代行社の柱の一人として活躍する彼女の欠場はかなりキツイのも事実ではある。ただ、電話では数日休めば出れそうな事言ってたけど、後々の事考えたら今はご自身の事だけ考えてしっかり療養していただきたい。スタッフ一同にとって大切な“仲間”なんだからね。

 そうは言いつつも、社長は内心結構焦ってるみたいですな・・・。風邪気味で微熱があるとのことで姿を消したまんま他の職にも就かず1年以上ニート生活を続けてきた“コウモリ男”K太郎氏や、退職後既に某運送会社の正社員となってるM嬢と言った“受付係”ができるOB/OG(気分次第で休めるようにかな?)にヘルプを頼んでたみたい・・・。tatherっちが相方いないので休んだ昨日は既にシフト表に7時から勤務可と名前を書いてたくコ:彡りん氏を差し置いて社長とK太郎コンビで走ったそうな・・・。欠員補充もモチロンの事、自分がくコ:彡りんと組まない為の対策も兼ねてるようですな・・・。んで運送会社の最繁忙期に出られる訳がないM嬢については、現役タクシードライバー(当然二種免許)のダンナさん(とりあえずH氏)が代わりに助っ人を引き受けたらしい。

 まぁ、こういう局面を迎えると相変わらず誰彼なしに人を引っ張ってくる社長、まぁ、アンタの会社なんだから好きにすりゃいいんだけどtatherっちも組む相手選びますので(バシさん・キヨピー師匠・リンちゃん・H氏ならOK、くコ:彡りん氏・K太郎氏はNG)その点ヨロシクですわ・・・。因みに次の土曜日、tatherっち & H氏、それとバシさん & K太郎氏の二台稼動出来る状態作ったのはいいけど、忘年会シーズンのそろそろピークになる週末その日!社長・・・アンタちゃんと走るんだろうね!?

ショートコース!?

 「明日ショートコース行きましょう!」、女神様からの突然のお誘い。へ・・・ついこの前初めて打ちっ放し行って、その後一切何もしてないんですが・・・。でも答えはモチロン「御意♪」、これも女神様のお導きなのだっ♪

ファイル 210-1.jpg

 和幸カントリークラブです。当日、何もわからんまんまコースに出た一番ホールのtatherっち、記念すべき第一打は空振り、んで二打目はは池ポチャ・・・。今日中にコース回りきれるんかいな? 夢中で全12ホール回りきってのスコアは78、パー36のコースでその倍以上叩いてしまった・・・。途中でフォームも崩れてしまったみたいでピッチングウェッジやサンドウェッジで打っても打球は“ゴロ”の連発。ラウンド終わってから女神様から「tatherっちぃ、右足完全に伸び切ってるよ!」とご指摘頂いた。

 まだまだ先は長そう、取りあえず、ちゃんとスイングフォームが固まるように、とにかく頑張んなきゃねっ! ただ・・・ムチャクチャ楽しかったのは確かではある♪

初レッスン!

 そして待ちに待ったキヨピー師匠の初レッスン♪ これまで合間を見てはひたすら素振りを続けてきた。「ゴルフを始める」と決めてから球を打つのは今回が初めて。女神様と若きライバル“チーフ”氏も同伴のもと、あーだこーだ言われながら100球ほどひたすら打ち続けた。

ファイル 209-1.jpg

「初めてにしてはエェんちゃう?」

 ・・・サクッとそんな評価は頂けたけど実際に打った球のうちどれだけが気持ちよく前に飛んだのかな・・・? あくまで“初めて”だからの若干慰め雑じりの評価。総ゴルファーの中では最低の下手っぴであるのには変わりない。まだまだ! とにかく頑張んなきゃね・・・。

基本はフォーム・・・かな?

 女神様のお導きによって始めたゴルフ、あれからまたまたエッちゃん女史のご主人から殆ど新品のシューズと、更に彼女の息子さん(止めちゃったらしい・・・)からは、こっちもピカピカのキャディバッグを頂いた。これでいきなり本コース回れるくらい完璧に道具が揃っちゃった♪ エッちゃん女史、大好きっ♪ あぁ、女神様の次に・・・。

ファイル 208-1.jpg

 ただ、その後も実際の練習に関してはキヨピー師匠と中々時間が合わなくて初レッスンを受けられないまんまだったけど、彼女と乗務した日、出勤直後の代行の依頼が無かったので「取りあえずスイングフォームを教えて頂きたい!」とお願いしたら快く教えてくれた。事務所の前の空地が雑草を綺麗に刈ったばかりで芝っぽい状態の地面になってるのでスイングの練習には丁度いい♪

「両足を肩幅くらいに広げて軽く膝を曲げて腰を落とし、若干お尻を後ろに突き出す感じで背筋を伸ばして前傾姿勢をとる。クラブのグリップエンドを体から拳1個分開けてクラブフェイスは体と直角になるようにしてヘッドを自然に置いて、グリップは自分で握りやすいように持てばいいけど雑巾を絞るように・・・だけど力を入れないで握る。バックスイングはヘッドを真後ろに動かした後ケツの穴(彼女が言ったんじゃないけど・・・)から頭頂部に通ってる軸を動かさないように円を描くように振りかぶり、振りかぶり切った状態からもう一捻り加えてダウンスイングに入る。ヘッドはバックスイングと同じ軌道を通りミートポイントで地面をかすめて、その後のフォロースイングも軸からぶれない様に円を描きながら振り切る。」

 ・・・確かそんな感じだったかな? ただ、こんな事を一度に言われてもいきなりその全てが出来る訳もなく、バックスイングの途中で「あっ、ヘッドがブレた!」とか「猫背になっちゃった!」とか言いながら改めて仕切り直したり、振ってみたら地面より随分離れてたり思いっきりダフったり・・・。こりゃまだまだ先は長そうだ・・・。
 フォームのレッスンを終えた後随伴車に乗り込んだら・・・シートの座面にいっぱい土がついてた。前勤務終了時に換気の為にちょっとだけ開けてた窓の隙間からダフった時の土が車内に入ってた。お師匠様、ゴメンナサイ・・・m(_ _)m

ファイル 208-2.jpg

 後日、以前クラブはゲット出来なかったけどオヤジが使ってたゴルフスイング練習用のこんなアイテムを実家で頂いてきた。これなら勤務の合間にも素振りの練習出来そう♪ とにかく、先ずは美しいフォームを身につけて初レッスンに臨むのだっ!!

炉ばた大将!

 今日の午後、散髪に行った後ちょっと自宅に寄った。車を降りて真っ直ぐポストを覗きに行ったら・・・宅配便の不在票が入ってた。 むふっ♪ 来た来た・・・。すぐに不在票に書かれてる番号に電話してドライバーさんに「すんません、今からまた出掛けますので例の通りで再配お願いします・・・。」と伝えると彼も「はいはい、わかりました~♪」と快諾してくれた。 tatherっちも“飛脚マーク”時代にいつも留守がちの個人宅への配達には随分苦労したのでtatherっちがいなくても配達完了出来るようにしといた。ただ、これからは不在票入れなくても荷物が届くのわかってる時はその段取りしとかなきゃね。二度手間には変わりない・・・\(__ )
夜の部終了後帰宅したら玄関にデカイ段ボール箱が置いてあった。

ファイル 206-1.jpg


 初めて買ってからもう五代目くらいになるかな? tatherっちの食卓ではもう10年来の必須のアイテム、たこ焼きコンロみたいな箱状のカセットコンロの網焼き&串焼き仕様。これがあるとスーパーに買いモンに出掛けた時、出会った食材がこのアイテムで「焼けるか?焼けないか?」によって買うか買わないかが決定されるくらいの影響力があるのだっ! ホームセンターでは5,000円弱(それでも安い!)するけど“Amazon.co.jp”で買えば3,763円(送料無料)だったので、tatherっちの話を聞いて「それウチも欲しい!」と言う代行のパートナー、エッちゃん女史の分も一緒に2個注文した。 むふっ♪ 明日から食文化、変わっちゃうぜぇ♪

禁断のスポーツ♪

「tatherっちぃ、ゴルフしよっ♪」

 憧れの女神様からのお誘い・・・。 「人生50年」なんて言ってた時代ならあと1年で死ぬことになっちゃうtatherっち、多分一生ゴルフはしないだろうと思ってた。幼少時代ゴルフに没頭する親父に対するオカンのグチ、まだ若干バブルの余韻が残ってた20代後半、タクシードライバーだった時にゴルフウェア着て祇園でチョ~上から目線でイチビってるオッサン、事あるごとに“エア・ゴルフ”でスイングする癖がついちゃった人、んで最近は河川敷ラジコンフライヤーの天敵“河川敷ゴルファー”etc・・・正直ゴルフって今まであんまりいい印象なかったのよね・・・。でも女神様はtatherっちにゴルフをしろとお告げになられている。答えはモチロン!

御意♪

 動機はともかく、ゴルフ始めるには師匠と道具は必須、そんな訳でその場で女神様にご指導をお願いしたら・・・人に教えるほどの腕前じゃないと固辞されてしまった。おい~!いきなり壁にぶち当たってしまった・・・。ただ、代行カテゴリーには今まで登場しなかったけど、今我が代行社にはエッちゃん女史以外にもう一人女性随伴ドライバー、キヨピー女史がいる。彼女はゴルフ好きが高じて(だったと思う・・・)、本業はバリバリのキャディーさんなので月曜彼女と組んだ時にちょっと相談してみたら、「あぁ、基礎くらいやったらナンボでも教えるよ♪」って・・・第一の壁、師匠ゲット♪
 んで続いて道具、先ずはクラブですな。キヨピー師匠によれば、“プロゴルファー猿”じゃないんだから今時“木”のウッドなんか使うヤツはいないらしいけどアイアンやパターは今でも古いの使ってる人結構いるらしい。更に、ウッドはそれなりにアイアンが使えるようになってから練習しろとの事。んじゃ親父の遺品の30年以上前のモデルでも入門は出来そう♪ そんな訳で昨日早速実家に親父のゴルフクラブないか見に行ったら・・・既に跡形も無く親戚に持ち去られた後だった。すかさず再び壁にぶち当たってちょっとガッカリ・・・してたところで今度はエッちゃん女史からLINEでメッセージが届いた。「ダンナがお古のクラブあげるって言ってるけどいる?」って・・・。これが噂に聞く“トントン拍子”と呼ばれる現象か? 

ファイル 205-1.jpg
 昨日のパートナーはエッちゃん女史、出勤時に早速クラブを頂いた。嬉しかったので女神様に「お古のクラブ頂いた♪ ゼクシオと言うヤツらしい・・・。」とメールしたらすぐ返信があって、「私もゼクシオ使ってまぁ~す♪」

嗚呼!これが噂に聞く“運命”と呼ばれる現象なのかも知れない・・・♪

 今後必要なものは・・・先ずはシューズとグローブ、デカイゴルフバッグと小っちゃいゴルフバッグ、んでムチャクチャ上手くなる前にドライバーと・・・あと何?

職質です♪ 再び・・・

 夜の部の帰り道、信号が黄色から赤に変わる、かなりキワドいタイミングで交差点に入った。通り過ぎざまに交差する道路で信号待ちしてる車を見たら・・・ありゃ、パトカーですがな。信号無視とか言われないかな? ちょっと心配ながらも平然と・・・したフリしてそのまんま走り続けたら後を追いてくる。府道から片側二車線の国道24号線に右折したら・・・やっぱし曲がって追いてくる。ただ、サイレン鳴らしたり赤灯点けるでもなく追いてくるので信号無視は大丈夫かな?・・・と思ったら24号線の本線に合流したところで不意に赤灯が光って例の通り「前の車、左に寄って停止してください!」だと・・・。減速しながらハザード出して左に寄ったらパンダちゃんを追い越して前に付けてストップ、んでtatherっちもパトカーと車間を詰めてからストップした。前回は警ら隊か交機のクラウンで二人の警官相手だったけど今回はミニパトから三人出てきたからちょっと圧倒されながらも車から降りたら「運転手さん、右のテールランプが・・・」またかい!

「『あ、テールですね、はいはい・・・(プライバシー保護の為音声は加工してあります)。』そう言うと男はおもむろに車の後ろに回り、右側テールレンズを叩いた。すると・・・直った! 三人の“職質のプロ”達に・・・ウケた!」

 今回は免許証の照会と簡単な車内チェックだけで放免となった。前回“職質記念”に撮影した写真はその場で削除させられちゃったので、今回は一通り完了してからフラッシュ焚かずにコッソリ撮影してみた♪

ファイル 204-1.jpg
明るさとか、かなり修正したけど・・・お粗末!!(/_;)

ゼンさん、お疲れさまでした!

 期待の新人M氏改めゼンさん、最近はすっかり“愚痴カテゴリー”と化した代行カテゴリーに結局登場することなく辞めちゃった・・・らしい。まぁ、元々就活の繋ぎとしてのエントリーだったけど先週土曜と今週頭に就職の面接の予定山盛り入れて、先週金曜、女神様のお店に飲みに行った帰りに代行お願いした時「もう少々条件に合わなくても今回の面接でどこか決めますので! 多分今日が最後になると思います。 色々お世話になりました!!」とご挨拶いただいたんだけど、急だし、しかもこっちは酔っ払ってた事もあって冗談にしかとれず・・・「了解、ほなまた来週♪」と返してたんだけど・・・ホントだったみたい・・・\(__ )

 ひと夏、たった数ヶ月の勤務だったけど、ゼンさんのお陰でくコ:彡りん氏もやっと自分の置かれてる状態に気付いたみたい。“ゼン・カリ”ペアで乗務したある日、助手席でウトウトして運転中の肩に寄り掛かって来るくコ:彡りんにゼンさん、優しく「あのぉ~、寝るんならシート倒して寝てもらえませんか?」と言ったところ「オレ寝てへんで!」と返されたそうな。んでそのやり取りが何度か繰り返されて、とうとうプッツンしちゃった。

「寝とけ言うたら寝とかんかいオラァ!! そんなんやからみんなお前と組むの嫌がるんやろがぁ!!」

 ゼンさん、ウチでは「気は優しくて力持ち」的な温厚なイメージだけど元々は“飛脚マーク”の某社の課長として猛者達をガンガン叱り飛ばしてきた人。その当時の迫力で思いっきり怒鳴りつけられたくコ:彡りん氏、暫くフリーズ状態の後、その日はすっかり目が覚めたとの事。

 それからも殆どくコ:彡りん専属状態のまま勤務し続けたゼンさんの名前がシフト表から消えてからはくコ:彡りんの名前も書き込まれてない。くコ:彡りん氏に「“気が優しくて”力持ち」の彼の言葉が伝わってたらもう彼も来ないんだろうね・・・。

---------------------------------------------------------------------

 ・・・ここまでで書きかけのまま今日の勤務に臨んだtatherっち、日曜のシフトに「マロンちゃん・くコ:彡りん」の名前を見つけた。辞めるどころか本来土曜しか出勤しないマロンちゃんを説得したのね? あぁ、ダメだこりゃ・・・。

 それはともかくゼンさん、ホントにお疲れさまでした! 新しい職場がゼンさんにとって恵まれた所になりますように・・・。

目には目を?

 今日の代行業務終盤、ある居酒屋さんにお迎えに伺ったら、お客さん、キーをtatherっちに渡しながらお車を指差して「あの車なんですが、ちょっと買いモンしたいんでそこのコンビニに車着けてもらえますか?」との事なのでキーを受け取りお車をコンビニの駐車場のレーンにバックで入れかけたらそこに入ってきた車がサッと、その狙ったレーンに頭から入っちゃった。その車の若いニーチャン、明らかに確信犯で車を降りた時チラッと“メンチ”切って行きやがった。一旦はその奥のレーンに着けようかと思ったけど、若干腹の虫が収まらないので、一度車を前に出してその車の運転席(そのニーチャン)側のレーン分けのペイントの上に乗っかってドアから40cm位の幅まで寄せて停めてみた。少しして戻ってきたニーチャンが乗り難そうに車に乗り込んだのを確認後、今度はその位置から1mくらい前に進めて改めてストップさせてみた。あんまり奥行きがない駐車場なのでニーチャン、歩道ギリギリまでバックさせてからハンドル一杯に切って、今度は助手席の彼女と一緒にまたメンチ切りながらやっとこさtatherっちの前に差し掛かったのでそのタイミングでヘッドライトを点灯して差し上げた♪ あっ、「うっかりハイビーム」にしちゃってる状態にするのを忘れてたわなって・・・客車乗務中じゃなければもうちょっとハイレベルな“制裁措置”だったかもね・・・。

 んで勤務を終えての帰り道、ふとその一件を思い出して何となくムカつきながらも帰宅して車から降りた時「あのぉ~」と新聞配達のお兄さんが声を掛けてきた。もう2~3週間は前になるかな? 帰宅時に目の前で大量に積んだ新聞の重さでターンの際に立ちゴケしちゃった彼のバイクを起こすのを手伝った事があったんだけど、その時のお礼だと朝刊とスポーツ新聞を下さった。

 早朝の住宅地を法令無視の我物顔で走る新聞配達員って基本的にあんまり好きじゃないんだけど・・・そして折角頂いた新聞もきっと読まないと思う。だけどそんな彼に今日は救われた。

訃報

 ネット友達のあられに続きオトトイの夜、チョコチョコお仕事を頂いてる街の電気屋さん、夏山さんが亡くなったと彼を紹介して頂いた同じく電気屋を営む友達のコーチャンからLINEでお知らせがあった。夏山さんには先日もお仕事を頂いたところで、また、次の仕事の予定について近々打合わせをする予定だった。まだ前回の仕事のお礼も済んでない状態での訃報に驚いた。コーチャンに続いて同じく電気屋さん繋がりでお世話になってるイワシタデンキさんからもお知らせ頂いて、お通夜、告別式の日程・・・そして事故で亡くなった事も聞いた。今まで随分お世話になった夏山さん、だけど夜の部もドタキャンしたら相方の勤務日に響いちゃうので明けて告別式に参列するつもりでいたら翌お昼過ぎ、今度は兄貴からの電話で親父方の叔父さんが亡くなったとの事。えぇ! また随分なタイミングですな・・・。それぞれ近けりゃ夏山さんの告別式行ってから叔父さんのお通夜行くって段取りもつくけど、夏山さんの式場まで自宅から小一時間、更に叔父さんは長野の松本・・・。両方はゼッタイ無理。この叔父さんは親父の妹のダンナさんで生前親父が一番信頼してた人、親父が死んだ時やその後も何かにつけて相談に乗ってくれたりアドバイスをくれた方、どちらも大変お世話になった方だけど今回は一族を優先しなきゃね・・・。

 松本に向かう車からコーチャンに電話でその辺の事情話したら、彼もまた色々用事が重なって夏山さんのお通夜も告別式も参列出来なかったらしい。落ち着いたら一緒にご自宅にお邪魔する事になった。これで何とか義理は果たせるかな・・・。

 それにしても・・・こういう連鎖はこの辺で止めにして頂きたい。夏山さん、そして叔父さん。大変お世話になったお二人のご冥福を心から祈るばかり・・・。

祝!退院♪

  そしてやっと! tatherっちの元にパンダちゃんが戻ってきた。タイミングベルトとウォーターポンプ交換、そしてタイヤも今までのオーバーサイズから純正サイズに交換、そしてギヤオイルも交換、んで先日ぶっ壊れた四駆への切り替えレバーの修理も完了♪ デフオイルだけは商品の入荷が間に合わず週明けの交換になるけど大方納車時より気になってた部分のリフレッシュを終えた。

ファイル 200-1.jpg
 一週間ちょっと、“代車”と呼ぶには勿体ないパフォーマンスでガンガン走ってくれたアルファ156とはちょっと寂しいけどここでお別れ。代わってメカニック氏がアルファを着けたお店の奥までパンダちゃんを連れてきてくれた。何かちょっと音が変わったような・・・? 今までガチャガチャと賑やかだったメカノイズが少し静かになったみたい。メカニック氏によれば新車時より1度も交換してないと思ってたタイミングベルト、過去に交換された形跡があって、ただ・・・1コマずれて取り付けられてたそうな。へ?「そんなんでエンジン掛かんの?」て返したら社長氏、「1コマくらいなら大丈夫ちゃう?」との事。もっとシビアなモンかと思ってたわな・・・。
 取りあえず今回の作業に掛かった費用の支払いを済ませキーを受け取った。“1コマの違い”について社長氏、「一年乗り倒したtatherくんならわかるかも? どれくらい変わったか教えてなっ♪」と言われ早速エンジン始動。

 それなりに踏み込んで帰ってきてはみたけど・・・タイベル交換、それまでのズレを正規の位置に戻して、んで155/80 SR13だったタイヤを純正145/80 SR13に戻して・・・これが前日と当日に比べられればその違いをバッチリ体感できたかも知れない。ただ、1週間ちょっと、しかもその間の代車がイタリアの老舗GTアルファじゃ・・・パンダちゃん遅すぎとしか感じられない・・・。インプレッション出来るかな? まぁ、燃費とかのその辺でレポートするかなっ♪
 因みに今日、溜まった家のゴミを処分しに川の砂地に四駆で乗り込んでみたけどこっちは楽勝だった♪ タイベル1コマかちょっとは楽に転がせるようになったタイヤか、単に砂が締まってただけか・・・?

アルファ156との蜜月

 「tatherく~ん、お待たせ♪ 代車も用意できたしいつでもクルマ持ってきてなっ!」 BMBさんからパンダちゃんのタイミングベルト(・・・とタイヤと油脂類)交換の為の入院OKの連絡があった。通常3~4万キロで交換するのが普通のイタ車のタイベル、tatherっちのパンダちゃんに限っては新車時から1度も交換されていないので納車時に「出来るだけ早目にねっ!」っと言われてたにもかかわらずそれから1年ちょっと、既に平均走行距離の3倍くらいになっちゃったけど・・・やっとこさこの日を迎えることが出来た♪その日はもう夜の部スタートしてて行けなかったけど翌日早速伺った。

ファイル 199-1.jpg
 メカニック氏に誘導される場所にパンダちゃんを着けた。折り返し「代車アレです♪」と指差した先にあったのは・・・・ (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

ファイル 199-2.jpg
 アルファ156のステーションワゴン!! ルーフとボンネットの塗装は若干“ケロイディング”、そしてセミオートマの“セレスピード”だったけど、こんなん借りちゃっていいの!?さすが“エンスー系”ショップ、客の心くすぐり過ぎ♪ サルのように大はしゃぎのtatherっちに社長、メカニック両氏「アンタも好きねぇ~」の笑顔。

 キーを受け取り簡単な説明を受けてから早速スタートさせた。表通りでちょっとアクセルを踏み込んだら鋭い加速と軽快な「グロロロロ~」ってサウンド。老舗のGTカーメーカー製だけにさすが!の味付け♪ ただ、それとは裏腹にこの“セレスピード”ってミッション、AT車と言うよりマニュアル車のクラッチワークやシフトを機械が代わりにやってるような感じ、それもノンビリしたチェンジでしかもやたらとギクシャクしててシャープさが全然ない・・・。それならと自動でシフトしないマニュアルモードにしてみたけどパドルを使ってもシフトアップはモチロンシフトダウンもノンビリ・・・。「辛気臭ぁ~!!」そうは言いながらも慣れてくるとこれもアリかな?って感じてきた。加速やサウンドだけじゃなく、ハンドリングもかなりステキだったのだっ♪ サーキットでコンマ1秒の争いをするならともかく、パドルシフトを駆使して深夜の街中や郊外のワインディングロードをそれなりに流すなら十分速いし楽しい。オマケに隣にステキなオネ~チャン乗せてる時は彼女の手を握りながらのラブラブデートも楽しめる。う~ん、ちょっと・・・いやかなり欲しいかも? 真剣にパンダちゃんの整備、ユックリでいいと思った。

 んで昨日、BMBさんより作業完了のお知らせがあった。2~3日後には引取に行くと伝えたけど、大好きなパンダちゃんへの想いもそのまんま、たった数日(但し約300km)だけど一緒に過ごした156との別れも辛くなった。

あぁロメオ! 何で貴方はロメオなの~・・・

四駆の切り替え、ぶっ壊れたみたい・・・。

 実はもう先週の日曜の話ではある・・・。ずっとお昼の本業が忙しく、中々川へ行けなかったのでゴミが随分溜まってしまった。この日もお仕事入ってたんだけど、どうしてもゴミ捨てに行きたかったのでいつもは辛い午前中に敢えて片付けて・・・もう一件入った仕事も急ぎで片付けて一旦帰宅、んでゴミをパンダちゃんに積み込んで川へ向かった。硬い土のエリアから砂地へ乗り込む直前に四駆に切り替えて突入、何となく足を取られがちなのが気になりながらもそのまま進んで行ったら・・・途中で完全にスタックしてしまった。バックで出る事も出来ず川のラジコンメンバーに救援をお願いした。何か四駆にちゃんと入ってないみたい。そう言えば今日は切り替えのレバー引いた時にいつものような「コクン」とした抵抗がなかったような・・・入ってないなら4x4ランプ点くなよ紛らわしい! レバー側にスイッチがあるのかな? 救援を待つ間何度かレバーを引いたり戻したり、やっぱり抵抗がない。ワイヤーかアームかわかんないけどリンケージが外れちゃったみたいね。まぁ・・・いいか♪

 先日、お世話になってるBMBさんにタイミングベルトとタイヤの交換をお願いした。その時ついでに診て頂こう。ただ・・・それまで暫くは砂地に乗り込めない。またゴミ、溜まっちゃうな・・・。

学習しろよ・・・。

 金曜日、お昼の仕事中にその日の夜の部のパートナー、エッちゃん女史から「電話いいですか?」とメールが来たので折り返し電話してみた。何でも家の事情でバタバタしてて殆ど寝れてないそうな。「んじゃ無理せずに今日は休んだら?」と勧めたら「そうします。だけどいいんですか?」となった。実はこの日勤務したらその後、朝7時に起きて法事で岐阜まで出掛けなきゃいけないtatherっち的にはむしろ都合が良かった。そんな訳で休みになったと思ってたら夕方、不意にお母さんから電話が掛かってきて「今日エッちゃん休みやから(新人の)Mさんと組んでもらうし・・・」との事だったけど「あぁ、もう本業入れちゃいました。何時に終わるかわからないんで今日は休みますわ♪」と断った。 んで・・・張り切ってフライングでM氏をセッティングしちゃった手前何とかしようと思ったのかな? 今日出勤時にエッちゃん女史が何気なくノート(日報)見たら金曜のM氏のパートナー、くコ:彡りん氏に頼んだみたい・・・。

 因みに土曜もマロンちゃんと組んでくコ:彡りん寝不足3連勤。あ~あ、そういう事するから「手が足りない時は協力したでしょ!」ってつけこまれるのよ・・・。社長もお母さんも、エェ加減“学習”しない?

新人氏も・・・すぐ気付くんじゃない?

 47歳、我が社に期待の二種ドライバーM氏(まだ通称未定・・・)が入ってきた。但し、就活中の“繋ぎ”との事で期間限定らしい・・・。だけど「ビッシリ出れます!」とやる気満々。そうなれば勤務が減ってその分「売上げでのカバー」を要求してきたくコ:彡りん氏、組んでもらえる相方が一人増える。何も知らないM氏はちょっとカワイソウではあるけどくコ:彡りん氏としては「願ったり叶ったり」の話と思ってたら・・・。

 前回のバシ・カリペアで出勤した日の話、M氏との初乗務に関してくコ:彡りん氏、先ずは「何で社長、新しい二種が来たらいっつもオレと組ますのかな?先ずは社長が組んで指導したらエェのに・・・」と不満を口にしたそうな。んで帰社後バシさんがシフト表見て「Mさん7時出勤でシフト、ビッシリ入れてるやん♪ 今のうちに入れるとこいれといたら?」と促した。そして・・・その後のやり取りに唖然としたそうな。

くコ:彡りん:オレ、ホンマは7時にはあんまり出たくないんですよ・・・。

バシさん:ほな(本業が)休みの日に7時に入れといたら?

くコ:彡りん:オレも休みの日くらいはしっかり休みたいですわ!

 つい先日までのシフト表、組む相手がいない日でも隙間があればくまなく“7:00くコ:彡りん”て書いてあって、その執念に不気味さまで感じてたのに・・・それがいくらでも出れるようになったら早出NG、プライベート第一だそうな・・・。

 更にバシさん、売上げでカバーの件について、「くコ:彡りんと違う車に乗っててそんなん(売上操作)されてるって思ったら気分悪いで・・・」と言ったら「オレは社長にそう頼んだだけですよ。それを実際するかしないかは社長が決める事でしょ?」と他人事。そろそろバシさんの怒りも限界なんじゃない?

 ねぇくコ:彡りんちゃん、新人M氏の就職が決まった後・・・アンタきっとそこまでは考えてないんだろうね? それ以前にM氏にまで見切りつけられないように頑張んないとね・・・。

密約

 金曜日、バシ氏と組んだ時にその前の火曜(tatherっち・エッちゃん組)の売上げを聞かれた。「あぁ、2万出来なかったですわ・・・。」と返したら、「えぇ?ウチ(バシ・カリ組)23,000越えてたで!」との事。「はいはい、その日(指令車の)社長がわざわざ『ゴメンなぁ~、今日はあっち(バシ・カリ)の方が揚がってるかも知れんねぇ~ん!後半で何とかしようと思ったけどアカンかって~ん!!』なんてエッちゃん女史に言ってたらしいから気になってノート見ましたよ。」と答えた。んでその後のバシ氏の話聞いて「はぁ!?」・・・。
 何でも勤務が週1~2回になったくコ:彡りん氏、社長に「勤務日数の保障が無理ならその分売上げでカバーしてください!」と訴えて、んでその結果「エェとこ(高単価の顧客)は大体ウチに回ってくるんですわ♪」と得意気にバシ氏に言ってたそうな・・・。

 前出の火曜の件、ウチより1時間遅いスタートで1時間早く上がって売上げはウチより4,000円多かった。その日の流れでそんな日も有るかも知れないけど、帰社後にエッちゃん女史とバシ・カリ組の日報見て検証した限りではその日の配車にかなり違和感を感じた。彼らが最後に行った1時に北新地お迎えで八幡までの9,000円台のロング、「行く前にカマされた」と言う近場の1件は12時にスタートしてるのでご依頼は遅くても11時45分までにはあったはず、ご依頼予測時点での売上げは同じくらいなので「後半で何とかしようと思った」と言うのはかなり不自然な話・・・。こっちは11時半スタートで枚方北部からより新地に近い方角の東香里に向かってたのだった。

 話は戻って社長、くコ:彡りん氏のこんな要求にホントに応えてるのかな?まぁ、人が足りなけりゃ殆ど寝てない状態で6~7連勤になるのを知りながら「今日・・・出れへんかなぁ~?」なんて平気で頼んでたもんね。んで「手が足りない時は協力したのに!」なんて言われちゃ断れないのかも知れないけど・・・その“密約”、お客さんや仲間、そして自身の為に頑張ってるスタッフ全員に対する“裏切り”じゃない?

 んでくコ:彡りんの“カミングアウト”、「オレと組んだら得でっせ♪」と言いたかったのかも知れないけど“相手の身”になれば多分、口が裂けても言えないはず。その“密約”が明るみに出たら社長もアンタを見捨てざるを得ない・・・。

気楽なヤツ・・・

 今日の乗務終盤に、ほぼ一週間(土曜は出たけど)風邪で休んでる社長からSMSが届いた。「雨の中大変お疲れ様です。予約がなければ今日は早くあがって下さい。私が言うのもなんですが、風邪を引かないでね。tatherさんありがとう助かりました。」だって・・・。この雨の中欠員が出ても頑張ってる部下に対する労いのメッセージ・・・のつもりなんだろうけどね、いつも通りの単なる“ポーズ”でしょ? 「早く治したけりゃこんな時間まで何で起きてんだろね・・・。」同じような時間に似たようなメッセージが届いた今日の相方エッちゃん女史とこの薄っぺらなメッセージについて嘲笑トークで盛り上がったわな。
 「(受付用)電話を持ったらアンタが“社長”!」っていっつも言ってんだから、それなら今日はtatherっちが社長のはず。早くあがろうが残業しようがそれはこっちで決める事!ッて言うかいつもご利用頂いてる気心知れたお得意様が遅くなっても待ってくれるって言ってんのに「あぁ、今日は早くあがりたいんで・・・」なんて断れるか? 何“社長風”吹かしてんの? 更に風邪引くなって・・・引くなと言われて「ハイわかりました♪」と引かずにいられるなら年に一番体調不良で休むアンタが先ず実践しろよ! こっちはご心配なく♪ 風邪くらい引いたって“その程度”の事で仕事休んだりせんわな。それ以前に一般社会では風邪引くヤツは「自己管理が足りんヤツ」と評価されちゃうのよフツー・・・。

 今日も一台稼動の事情聞いてお客さん、みんな言ってたよ。「また休み!? おたくの社長、ホンマ気楽な奴っちゃな~(笑)」ってね・・・。つい先日、すっかり仲間に見放されアブレちゃった“居眠りオヤジ”くコ:彡りん氏から「僕と組んでください!」って直訴された時に「いや・・・ボクも生活掛ってるから(奥さんと組んで二人分の収入上げなきゃキツイ)・・・」って断ったんでしょ? その割に夫婦揃って一週間も休んじゃって大丈夫なわけ? ホンマ気楽な奴っちゃな~~~。

心より・・・

 昨日の夜の部乗務中、お迎えのお客さんにお声掛けした直後、代行依頼受付用じゃなくプライベートのケータイが鳴った。発信者は「あられ」・・・ちょっと元気になったかな? ホッとしながらも「はぁ~い♪ もしもし・・・」少し意識して穏やかな声で電話を受けた。

 今年の2月の早朝近く、彼女からLINEでメッセージが届いた。「tatherっち、今入院中です。」との事・・・。暫くメッセージのやり取りをした後、「今話せる?」と言うので発信ボタンを押した。久し振りの挨拶の後少し溜めがあって、その後「私ね・・・癌なの。2年前に手術したのが再発しちゃった・・・。」って、おいおい、再発って事は・・・色んな言葉が頭の中を巡りながらも、彼女が一番わかってる筈の事には触れないように話すのが精一杯で「無理はしないようにね!」とかそんな話しか出来なかった。ただ、「お見舞い行くね」とか「病院は?」なんて話ははぐらかして、その後「抗がん剤の副作用で髪の毛無くなっちゃった。」って・・・相変わらず自身の配慮の無さに反省! 今思えば、出会ってから10年以上の付き合いの中で散々キツイ事も言ってきた“いつも通り”のtatherっちと話したかったのかもね・・・。
 それ以降2~3日はLINEで彼女からのメッセージが来て返信して、少し日が開いたので心配になって「具合はどうかな? また寒くなるらしいから暖かくしないとダメよ!」と送ったら数日後に“既読”マークが付きホッとして、でも彼女からのメッセージは途絶えたままで・・・。もうすぐ5月、そんな時にもう一度「具合はどう?」ってメッセージを送ってみた。その後何度か確認したけどメッセージの既読マークは付かないまんま・・・。

 久しぶりの彼女からの電話♪ でも・・・受けた向こうからは「tatherっちさんですか? お久し振りです! あられのダンナのせんべぇ・・・でわかりますか?」って・・・かなり戸惑いながらもこの時点で電話の用件は理解できた。5月1日、朝のうちは落ち着いてた彼女の容態が午後から急変して、16:20頃だったかな(既に上の空で・・・)?彼女は息を引き取ったとの事・・・。

 悲しいお知らせから丸一日以上の時間を経て、色々思い出される。PCのサポート、結構踏み込んだところまで手を出す割にわかんない事があったらすぐ聞いてくるから「先ずは自分で調べろ!」と何度かキツく言った。tatherっちの最新の交通違反はこっちに遊びに来た彼女を迎えに行く道中のスピード違反だった事、それからもう2回、ゴールド免許更新した。その次会った時はせんべぇさんもご一緒だった。後から贈り物頂いた。既にサービス終了したYahoo!メッセンジャーで最近まで話した・・・。

 闘病中の彼女にもっといっぱい話しかけるべきだった。脳梗塞で目が見えない、耳が聞こえない状態だったとの事だけどきっとせんべぇさんが伝えてくれたと思う。tatherっち、最期まで冷たかったね・・・。とにかく今は一生懸命彼女のご冥福を祈るばかり・・・。


 あられ、ホントにお疲れさまでした。それから最後にせんべぇさん、もっとずっと大きな傷を負ってるのに・・・わざわざお知らせ下さったことに心より感謝致します・・・。