記事一覧

アルファ156との蜜月

 「tatherく~ん、お待たせ♪ 代車も用意できたしいつでもクルマ持ってきてなっ!」 BMBさんからパンダちゃんのタイミングベルト(・・・とタイヤと油脂類)交換の為の入院OKの連絡があった。通常3~4万キロで交換するのが普通のイタ車のタイベル、tatherっちのパンダちゃんに限っては新車時から1度も交換されていないので納車時に「出来るだけ早目にねっ!」っと言われてたにもかかわらずそれから1年ちょっと、既に平均走行距離の3倍くらいになっちゃったけど・・・やっとこさこの日を迎えることが出来た♪その日はもう夜の部スタートしてて行けなかったけど翌日早速伺った。

ファイル 199-1.jpg
 メカニック氏に誘導される場所にパンダちゃんを着けた。折り返し「代車アレです♪」と指差した先にあったのは・・・・ (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

ファイル 199-2.jpg
 アルファ156のステーションワゴン!! ルーフとボンネットの塗装は若干“ケロイディング”、そしてセミオートマの“セレスピード”だったけど、こんなん借りちゃっていいの!?さすが“エンスー系”ショップ、客の心くすぐり過ぎ♪ サルのように大はしゃぎのtatherっちに社長、メカニック両氏「アンタも好きねぇ~」の笑顔。

 キーを受け取り簡単な説明を受けてから早速スタートさせた。表通りでちょっとアクセルを踏み込んだら鋭い加速と軽快な「グロロロロ~」ってサウンド。老舗のGTカーメーカー製だけにさすが!の味付け♪ ただ、それとは裏腹にこの“セレスピード”ってミッション、AT車と言うよりマニュアル車のクラッチワークやシフトを機械が代わりにやってるような感じ、それもノンビリしたチェンジでしかもやたらとギクシャクしててシャープさが全然ない・・・。それならと自動でシフトしないマニュアルモードにしてみたけどパドルを使ってもシフトアップはモチロンシフトダウンもノンビリ・・・。「辛気臭ぁ~!!」そうは言いながらも慣れてくるとこれもアリかな?って感じてきた。加速やサウンドだけじゃなく、ハンドリングもかなりステキだったのだっ♪ サーキットでコンマ1秒の争いをするならともかく、パドルシフトを駆使して深夜の街中や郊外のワインディングロードをそれなりに流すなら十分速いし楽しい。オマケに隣にステキなオネ~チャン乗せてる時は彼女の手を握りながらのラブラブデートも楽しめる。う~ん、ちょっと・・・いやかなり欲しいかも? 真剣にパンダちゃんの整備、ユックリでいいと思った。

 んで昨日、BMBさんより作業完了のお知らせがあった。2~3日後には引取に行くと伝えたけど、大好きなパンダちゃんへの想いもそのまんま、たった数日(但し約300km)だけど一緒に過ごした156との別れも辛くなった。

あぁロメオ! 何で貴方はロメオなの~・・・

トラックバック一覧

コメント一覧