記事一覧

はいはい、お疲れさん・・・

 3月の半ばごろだったかな? ワガママ放題言いながらも困った時には実はかなり頼れるバシさんが急に目の不調で戦列を離れてしまった。手術が必要で早くても4月一杯は絶望的、そんな訳でやっと社長も重い腰を上げて二種ドライバーの求人を出した。そして応募してきたのが65歳の現役タクシードライバー、ミッチャンだった。

 求人に関しては、再三即採用は止めた方がいいと言ってきたにもかかわらず社長、無謀にも面接の日にそのまま勤務させてしまった。しかも相方は、お迎えの移動時は寝てなきゃ持たない万年寝不足男くコ:彡りん氏・・・おいおい本気かいな? んで間もなく不安は的中したのだった。初日から「乗った事ない」と言ってた“左ハンドル”のベンツ、更に酒癖の悪いお客さんだったらしく「お前!代行のくせに乗り方も知らんのかい!!」と散々絡まれたらしく先ずは“外車”がトラウマに・・・更に事件は続いて今度は国産ミニバンに乗務した際ペダル式のパーキングブレーキがわからずまたお客さんを怒らせた。んですっかり自信喪失・・・。その後日、一度このオジサンと乗務したんだけど、とにかく「私には無理ですわ・・・」ばっかし・・・。何を思って今回の求人に応募してきたのかはわかんないけど、“お仕事”である以上あって当然のキビシイ面、ツライ面に何の覚悟も無しに来たんじゃないのかな? 「副業でもOK」とか「日払い可、(歩合給だけど)最低保証あり」みたいな気楽な部分だけ見て来たんじゃないの? とてもじゃないけどこの人に「大丈夫!最初っから上手くモンじゃないですよ♪」なんて励ます気にもなれず、その後も続く弱気な発言にも「まぁ、ご自身で良く考えてみたらいいんじゃないですか?」とクールに返しといた。「tatherさんは何でもこなして凄いですね!」なんて煽てられても単に自分が何も出来ない(・・・と言うかしようとする意欲が無い)のを正当化してるようにしか思えなくてムカつくだけ! 過去にいたモトさんやダーさんと言った問題児はこのミッチャンよりずっと酷かったけど、仕事に対する姿勢で言えばずっと前向きだった。だから酷いなりに教えたり叱ったり褒めたりしたけど、彼にはお客さんに直接迷惑がかからないよう「深夜の住宅地ではとにかく静かにしてください」とか「後の僕がはぐれないようにチョコチョコ確認してください」とだけ何度も伝えた。多分すぐ辞めちゃうだろうから・・・。んで彼のその次の勤務日・・・。

 tatherっちと司令塔K太郎氏ペアで二件目のお迎えに向かう道中、ミッチャン&くコ:彡りん氏ペアに最初に振ったお客さんから電話が掛かってきた。K太郎氏の受け答えから見てクレームっぽい。「え?どんな感じでした?偉そうな!?いや~ホンマですか?申し訳ありません!ホンマに・・・」って・・・自信喪失して弱気なミッチャンが偉そうって・・・そこでふと思い出した。前回tatherっちが司令塔&随伴でミッチャンと組んだ時、お伴中の右折時に対向車の切れ目で客車のミッチャンがサッと右折した時のやり取り、後続車がいるから随伴車のtatherっちは右折出来ない、しかもそのまんまどんどん先に行っちゃう。その後5台ほど対向車をやり過ごしてちょっと強引にtatherっちも右折して全開で追いかけて何とか追いついた。お伴は無事終わったけど・・・

t :「上島町の交差点右折した時、後ろ見てましたか?」
ミ:「あ、見てませんでした!ゴメンね。」
t :「あのね、代行は車二台で一組ですから(話終わってない)」
ミ:「あそう?ゴメンね。」
t :「いや、だから対向車が(終わってない)」
ミ:「あ、そう?はいはい、ゴメンね。」
t :「話終わらさんといてください!そやから~はぐれたらまずいでしょ?後ろちゃんと見といてくださいね!」
ミ:「あぁ、ゴメンね!」
t :「(内心)ムカ~ッ!!」

 謙虚なようで実はかなり気位が高いんじゃないかな? ベンツやミニバンのオーナー氏、そして今回のクレーム主との間にこんなやり取りがあったなら・・・折角気持ちよく飲んで帰る際に・・・ちょっと納得。で、気位は高くても気は小さいミッチャンはこのクレームに更にビビッて・・・

くコ:彡りんからの出発報告(1)
 「今(指示したお店)出発します。ただ・・・歩道のスロープ確認せずに段差の大きな所そのまま降りて前と後
 打ったみたいです。」
くコ:彡りんからの・・・(2)
 「今(お客様名)完了しました。ただ、出発時に○○に△△ぶつけて到着時またXXに□□ぶつけました・・・」

 おいオッサン、会社潰す気か!でも本人もさすがに居場所がないようでもう「今辞める!」状態、だけど週末のシフトどうすんの? その日はtatherっちが司令塔でその前で乗る予定でしょ。まぁ、これ以上客車乗らせてトラブるのも面倒だし・・・。

 彼の最後の勤務でお願いした事、「客車乗務、受付、会計みんな僕がしますから取りあえず後ろに追いて来てください。到着したら随伴車のエンジン切って距離だけ教えてください。後は何もしないでください・・・。」

「いいんですか?助かります♪」って・・・はい、お疲れさん・・・。

トラックバック一覧

コメント一覧