過去ログ

広告

 

 

記事一覧

多少は週末並みに・・・

 今日は結果から言うと、多少は週末並みに動いたみたい。本日の目標水揚げ(6,000円)は日が変わる前に余裕でクリアして、その後少し走って、25時半過ぎに入庫した時点でも無線で「小倉駅お客様お待ちです。他、淀/際目一件・・・」なんて流れてたので粘りゃもう2,000~3,000円くらい行けてたかもね?ただ・・・明日は川原でバーベキュー大会のため欠勤なので今日が今月度の締め日となる、だから今更頑張っても“焼け石に水”なのだ。

 ここ暫く、まぁ、週末とかは殆ど出てなかったのでずっと5~8組くらいの客数だった。そんな訳でそこそこ稼ぎがあった頃はチョコチョコいた“変なお客さん”にもあんまり当たらなかった。そんな中で久々の“客ネタ”です。小倉の乗り場で待機してたら無線で「小倉739(tatherっちの車両)・・・」と呼ばれたので「739・・・」と返信したら、「砂田シャトレーゼ前で738と合流よろしく」との事。「了解」と返してすぐ向かったら、既に待っていたその車両からオネーチャン(30代くらいに見えた)が降りてきてtatherっちの車に移ってきた。若干ろれつの回らない口調で「伏見まで・・・」との事でスタートした。何で乗り換えたか分かんなかったので「先ほどのドライバー、何か失礼がありましたか?」と聞いてみたけど会話の内容が支離滅裂で何を言いたいのか今一つわかんない。酔っ払ってるかと思ったけど特にお酒のニオイがする訳じゃない。ただ、ちょっとハイな感じだったのでもしかしたら怪しいクスリでもやってるのかも? まぁ、別に怒ってる様子でもないしちゃんと行き先言ってくれて運賃払ってくれりゃそれでえぇわ。と車を走らせる。道中・・・よ~喋るオネーチャン、ただ、会話の合間にやららと「あはん、うふん、(い)やん・・・」みたいな“お色気系”感嘆詞が入ってくる、更に信号待ちではtatherっちの腕をそっと掴んだりする。もしかしてこれってタクシードライバーをカモにして「ムラムラっ」と来させて金でも取ろうって感じか?むふっ♪それならどんどん来なさい!その手にはゼッタイ乗らないけどポーカーフェィスのまんまムードだけちゃんと楽しみますから。現着後、「怪我してるのでバッグ運んでくれる?」との事、デカイスーツケースとかいかにも重そうならともかく、這うほどの重症でも運べそうなポーチ的なハンドバッグ。「いや~、そう言う事情なら運んで差し上げたいんですが・・・私ら車から離れちゃダメなんですわ・・・」と丁重にお断りした。車内の防犯カメラの届かないところで「抱きつかれた」なんて言われちゃ困るからね。すぐ帰るから5分待ってくれと言われたので「いいですよ。ただ、行きの分の料金、一回精算させてくださいね。」と精算を済ました後、「10分待ちますけど、出て来られない場合はそのまま帰りますね」と伝えて車外に出て一服、車に戻ったら無線室から「帰りはいいと連絡頂きましたので離れてください」との事、怪しいオネーチャンと思ってたら結構律儀な人だったのね。帰りもボディタッチ含めた「うふん、あはん・・・」の“お色気ドライブ”期待してたのに(しかも運賃2,000円級)・・・残念。

◆本日の乗務19:46~26:20、お客様は久々の2桁で10組、水揚げ10,670円、んで日当は4,801円。

総整備不良車?

 うちの会社、「お客様第一主義」をモットーとして、本社事務所にもデカイ看板を掲げていたりする。そのくせ、車両の整備のいい加減さにはウンザリする。tatherっちの車両は随分前からエンジンの始動性が悪く、アクセルペダルを踏みながらで3~4秒、踏まなければ6~7秒セルを回し続けなきゃエンジンがかかんない。毎日の出庫前点検の各部のチェック欄にも始動性についてはペケ印を付け、ランプ類が切れたりその他不具合がある度にエンジンの始動性の悪さについても確認するように修理の依頼をするんだけど一向に改善されない。整備依頼書でダメならと最近は毎日日報の点検についてのコメントを書く欄にも書き始めたからか、今日はいつもと違う車両に乗るよう指示があった。この車両も・・・キーを捻るとメーターパネルにランプ切れのインジケーターが点灯してる。ハイマウントストップランプが切れてたけど通常のブレーキランプやその他の灯火類は点くのでそのまんま出庫した。それはそれでともかく・・・乗務を続けるうちに他の異常に気付いた。ハンドルを切った状態でバックすると必ずエンジンがストップする。夏場エアコンかけるとこの症状が出る車両については他にもたくさんあって色んなドライバーに聞いている。お仕事終えて入庫する際には所定の場所に納める間に4~5回続けざまにエンスト、イライラと言うよりムカムカした。

 過去に代車で乗った車両も色々あるけど、走行中ギャップを踏む度にギシギシ言う車やDレンジのまま信号待ちしてると車全体がガタガタ激しく振動する車、ブレーキの効きムラが強烈な車とか、うちの車ってまともなのないんかいな? だいたい、整備担当者が車両を弄った後には真っ黒に汚れた軍手で触った跡がそのまんま残ってるし、お客さんから「お前んとこのいつも車ボロいな!」なんて何度言われたか・・・。安全で快適な運行の為に最低限必要な金までケチって整備不良車を平気で運行して「お客様第一主義」って・・・どの口で言うねん!!

◆本日の乗務18:59~26:18、お客様6組、水揚げは4,800円、日当?2,160円(+アゴ360円)じゃい!!・・・シクシク

待つのが仕事・・・てか!!

 タイでは追放されたタクシン元首相の妹、インラック氏がタイ初の女性首相として就任が確実となり、元首相が再び大きな影響力を持つんじゃないか・・・なんて話になってるようだけど、日本のタクシー派は・・・って、ここまで書いてどう続けりゃいいかわかんなくなった。自宅に帰って既に“酔っ払い”のtatherっち、支離滅裂状態。上のタイの話はたまたま今テレビでやってたので“タクシン”と“タクシー”をかけてみそうに・・・なった。ゴメンナサイ。

 今日(昨日だけど)は6組、最後の無線配車で店内から伝い歩きでやっとこさ乗ってきた泥酔のオバサンが帰る途中で車内ゲロしないかちょっと緊張しながら走った以外特に変わった事なかった。車中でバッグを漁ってケータイが無いと騒いでやっと見つけて、到着したら今度は家の鍵が無いと騒いでまた延々と探す。まぁ、こんな酔っ払いでもたくさんいなきゃこっちもお仕事にならないんだけどね。

◆本日の乗務18:35~26:24、お客様6組、水揚げ5,710円、日当は2,569円(アゴ無し)・・・ダメだこりゃ。

キライな仕事な訳じゃないけど・・・

 はい、またまたお待たせしちゃいました♪ タクシードライバーのお時間です♪ 決して嫌いなお仕事じゃないんだけど、経営スタンスと収入はキライ・・・。バイトとなったtatherっちはともかく、足切りギリギリでしのぎを削る正社員、ボロボロになって頑張って、その水揚げのかなりの分が何にもしない“トンチン幹部”や“バ管理職”の給料になる。他社が少しでも収益を上げる為に色々なキャンペーンを立ち上げる中「地域に根差して○○年」とか「愛してください」なんてマーケティングに何のメリットも無い車両広告しか上げない。努力と言えばドライバーの諸手当を減額・廃止したり最低限必要な車両の整備費用をケチったりと現状を見る限り死にかけの会社を1日でも延命する為・・・としか思えないようなものばっかし。

 え?「そんな会社に何でしがみついてるの?」って?そりゃあ~た、ドライバー同士のすでに出来上がってるコミュニケーションは捨て難いでしょ。それと・・・会社の忌の際に立ち会いたいのよ♪

◆本日の乗務18:22~27:20、お客様6組、水揚げ6,170円、日当は2,776円(プラスアゴ1,540円)。アゴ除いたら時給300円ちょっと。頑張ってるドライバーの為にも早目の“身売り”をお勧めしたい。但し“身売り”された暁にはtatherっちは・・・確実にクビですな。

いつもの週明け・・・

 はい、みなさんお待たせしました(待ってなかったかも知れないけど・・・)! 今月度2日目のタクシーネタです♪ 今日は夕方6時半頃に出勤、“ドライバーのアラ”は探しても“顧客”は探さないクソウットーシー“当て逃げ”元営業部長もいなくなったので、もうちょっと早く出勤しても良かったんだけど、テレビで夕方のニュース見てたので・・・。

 出勤したら先ずはメシ! 朝から何も食ってなかったので胃が荒れて口臭が怪しかったら「お客様第一主義(ドライバーに限る)」をモットーとする我が社の恥です故・・・。たまにいるでしょ?吐息がウンチな人。お客さんが武田鉄也とか車掌さんのモノマネ始める前に対策しとかなきゃね! そんな訳で今日は“やよい軒”で期間限定豚キムチ定食(おい!吐息がウンチじゃなきゃ何でもアリかい!!)に決定!
 お店を出て食後の一服しようと思ったら・・・かなり本気モードの雨になってた。灰皿置いてある場所は雨対策ナシ。暫く禁煙・・・と言う事ですぐに車を出した。GPSで各エリアの空車状態を確認したら、本社ゼロ、小倉ゼロ・・・もしかして忙しかった? 焦りながらも急いで小倉に車を向ける。19:40頃乗り場に到着したら既に2組お待ちの状態。「お待たせ致しました!どうぞっ♪」とお客さんを乗せながら、次のお客さんには「もう暫くお待ちくださいね~!」と声を掛けて発進。それから21時頃まではそれなりにバタバタ、今日の稼動台数が少なかった事と雨で結構忙しくなった。ただ・・・22時越えたら客足が激減、“二車三”ドライバーが帰って夜勤の4台になっても全然動かない・・・。24時過ぎ、無線配車でJR小倉駅前から京阪宇治駅まで行って運賃は960円也。近鉄小倉の乗り場に戻って“ハナ番(待機車の先頭)”で終電のお客さん or 無線配車を待つ。そのまんま26時過ぎまで動き全くナシ。こっちは趣味でやってるんじゃないんだから座談会の時間はそんなにいらんわいな・・・。

◆本日の乗務18:22~27:08、お客様8組、水揚げ6,780円(三桁7組・四桁1組)、賃率45%で日当3,051円・・・メシ食ってた時間を1時間としても実働7:46(うち深夜勤務5:08)。待機時間も車両の掃除も立派な勤務時間でしょ・・・となると時給394円(四捨五入)。

んで・・・タクシー今月度初出勤♪

 締めが15日の今のタクシー会社、実は今月度、今日が初出勤だったりする。そしてtatherっちのホームグラウンドとなる近鉄小倉駅前の乗り場で久し振りに他のドライバーと色々話をしていて、tatherっちがこの会社に入社した時に新入社員研修の教官だった元部長が退職した事を知った。接客業として、そして安全・快適にお客様を目的地までお送りするタクシー乗務員としての心得やマナー、更に職業ドライバーとして交通社会を担うリーダーとしての安全に対する責務について2週間に渡ってお世話になった“元”部長さんに・・・別に労いの思いはなかった。
 そりゃそ~でしょ!ぜぇ~んぜん!!その“元”部長さん、tatherっちが休んでる間に“ひき逃げ or 当て逃げ”でクビになったそうな。まぁ、ドライバーの業績の悪化が限界に達する頃、そろそろ古くなってきたマジェスタから乗り換えたクラウンをSクラスのメルセデスに買い換えたり、tatherっちが正社員からバイトに代わった時には既に“主任(何があったかは詳しく知らないけど)”に格下げ処分を受けていたにもかかわらず、いかにも人事権まで握っているかのような恫喝付きフルオプションのキョ~レツな締め付けを始めたり、tatherっち的には化けの皮が剥がれた結果としか言いようがない“最も残念な恩師”となってしまった。これで会社が少しでも良くなればいいんだけど、そう言えば、それよりちょっと前にはtatherっちが激しい腰痛で長期欠勤した明けに、それまでいた次長さんがいなかった。こっちは横領だったそうな。同業他社で同じ不祥事でクビになったヤツ雇うなよ!とこの時も思ったけど、最近入ってきた名前も役職もわかんない管理職は大丈夫なの?tatherっち、やっぱわかんなぁ~い♪

◆本日の乗務、18:40~26:59、お客様14組、水揚げ15,850円、賃率50%で7,925円、初勤務なので累計同じ。
注)給料日明けの初の週末、3年前目標水揚げ30,000円

面接に行ってきた。

 このブログを立ち上げてから何故か進まないタクシーカテゴリー。それは・・・全然お仕事行ってないからだったりする。夜勤のタクシードライバーは酔客なんかも多いので結構話題に事欠かないかと思ったけど出勤しなきゃそりゃ始まらんわな。ただ・・・水揚げに応じてのフルコミッション状態(バイトは・・・だけど)で、日当は水揚げに応じて45~50%、夕方6時から夜中の3時まで走って水揚げが4,000円、となると日当1,800円。そんな日がザラにあると正直やる気も失くなっちゃう。以前は普通に2万くらい出来たからちゃんと勤務さえしてればこれだけでそれなりに生活出来たけど、今はそうも行かない。ボロボロに消耗しながら頑張って、それでも殆どのドライバーが10万前後の月給で色々やりくりしながら生活してたりする。家のローンだとか学生の子供さんがいる人はさすがにこれ一本ではやって行けないので、今は年金受給者か共稼ぎ、副業(本業)持ちが殆ど。
 そんな状態の中でも、会社の方はと言えば業績が落ちたなら減ったお客さんがそれ以上減らないように、とか新規顧客獲得とか、いわゆる“営業”で頑張るつもりは全然無く、法人そのものや、幹部・管理職の取り分を維持する為にドライバーへの手当を減らすとか、ドライバー負担の経費を増やすとか、力入れるところちょっと違うでしょって感じ・・・。その上、夕方6時になったらサッとみんな帰っちゃう。「夜、責任者がいないってのはまずいんじゃない?」みたいな話になった事があってその時の対応・・・深夜勤務の無線オペレータに運行管理者の資格取らせて完了。おいおい・・・。

 定時制社員(バイト)のtatherっちは会社にとっては会社が所有する車両台数を維持する為のいわゆる“スペーサー”的な存在。乗務員に対して車両が多い会社は「減車しなさい」と指導があるらしい。会社としては減車しちゃうと今後中々増車の認可が出ない。モチロン遊んでる車が多いとその維持費も掛かるからお客さんはいなくても常に「乗務員募集中!」だったりする(だから更に個人当たりの水揚げが下がる)。うちの場合、お客さんとのトラブルや事故が多いとか不祥事や犯罪を犯したドライバーはともかく、出勤しないドライバーはクビにはならない。出勤しようがしまいがバイトとして置いとけば減車対策として使えるのだ。だからついついお昼の仕事(tatherっちはこっちが本業ね♪)でそこそこ出来れば「もう今日はいいかな?」なんてケッキンモードになっちゃう。ただ・・・えぇ加減出勤して2,000円でも日当上げないとまたまた生活キビシくなっちゃうな・・・。

 仕事や会社への愚痴が随分長くなってしまった。んで・・・何故かタイトル“面接”に関してはここからが本題かも?「前置きが長すぎる!!」とお怒りの方、ゴメンナサイ・・・。

 水曜日、既にアルコールの入った友達とメシを食いに行ったんだけど、一人で飲むのも味気ないのかな?“ハンドル係”tatherっちの任を解くべく「代行呼ぶし飲まへん?」との事ですかさず「Yes!」となった。そして帰り道、代行ドライバーさんの運転する車内で「お忙しそうですね?」とドライバーさんに声を掛けたら、「お陰様でムチャクチャ忙しいですわ・・・。」続いて「1日にお断りしなきゃいけないお客さんがたくさんいて・・・。」う~ん、モッタイナイ・・・。んでtatherっち、「ウラヤマシイ限りですわ。私タクシー乗ってるんですが全然仕事が無くて参ってます・・・。」と言った途端に「えっ!タクシー乗ってはるんですか?それなら週1でもいいですからうち来てくれませんか?」といきなりスカウトされた。伴走車は普通免許で乗れるけど代行ドライバーは2種免許がいるので中々人手が集まり難いみたい、賃率にしても2人分の人件費がかかる事考えたら悪くもない。

 そして昨日、履歴書を何度も書き直してヘトヘトになりながらも面接に行ってきた。若くて愛想の良いその時のドライバーさん、実は社長さんだったのね・・・。賃金や万が一の事故対応、それからざっと仕事の流れを聞き、即決で「宜しくお願いします♪」してきた。初出勤は来週火曜日。実際に勤務はまだしてないので多少の不安もあるけど、並行して乗務するタクシー共々今後こっちのカテゴリーも色々な話題が提供出来ればと思う。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ