過去ログ

広告

 

 

記事一覧

バーストの恐怖には勝てず・・・。

 サイドウォールに何か刺されてパンクしたパンダちゃんの右前後タイヤ、常習犯に何度もやられてその度にタイヤ交換してたら今のtatherっちでは経済的にパンクしちゃう・・・。そんな訳で禁じ手のサイドウォール修理でひと月くらい様子を見る事にした。修理後、ネットで「サイドウォール パンク修理」などと検索かけて何とか慰めになるような文言を探してはみたんだけど結局そのようなものは見つからず、それより「高速でバーストして死にますよ!」とか「数千円~数万円ケチる為に命賭けられますか?」ってコメントばっかし・・・。それから数日の間は頑張って“命賭けて”走ってたけど、日に日に募るバーストの恐怖・・・。
 17日土曜、夜の部出勤までの数時間、持て余した時間潰しに寝屋川のリサイクルショップでも覗きに行こうかと一号線を大阪方面に向けたんだけど、所々で道路が流れ出すとそれなりに速度出さないとすぐに後の車が迫ってくる・・・もう我慢も限界。適当な場所で進路を宇治方面に向けた。
ファイル 233-1.jpg
 タイヤショップで取りあえず2本だけ換えてくださいと・・・。フロント左右に新品入れて元々左フロントに入ってたタイヤを右リアに移して完了。

 費用は1万ちょっと、元々チープなタイヤサイズなので安くは上がったんだろうけど、イタズラによる無用な出費。痛すぎるわな・・・。

横っちょは・・・やん!

 昨日の夜の部が終了していつものようにパンダちゃんに乗り込み、先に車を出した相方のエッちゃん女史にバイバイの合図をしておもむろにスタートしたら、バタバタと音を立てながらハンドルに凄い振動が伝わってきた。ありゃりゃ! パンクしてるがな・・・。ただ、路駐の車をよけて道路のど真ん中に出た車をその場で停める訳にもいかず、仕方ないので他の車が来ても大丈夫な所まで最徐行しながらもそのまんまバタバタ言わせながら移動した。

ファイル 232-1.jpg
 80扁平のパンダちゃんの右前タイヤ、完全に空気がない状態で少し走ったせいで変な柄が付いてしまった。写真はコンプレッサーの音がしても迷惑にならない大通りまで出てから空気を入れてるところ。裂けてはいなかったので空気を入れて無事に帰宅は出来たけど、空気を入れてる間タイヤに刺さってる釘とかないか探してみても見当たんない。夜だからわかんないのか誰かにイタズラされたか? 帰ってからタイヤに洗剤掛けて、その後水を掛けてみたら、サイドウォールから泡がブクブク・・・イタズラに決定! (/_;)
 更に今日のお昼の部に出掛ける前にまたペッチャンコのタイヤに空気を入れててふと気付いた。後もやられてるがな!!

ファイル 232-2.jpg
 お昼の部が片付いてから取りあえずパンク修理。サイドウォールの修理はダメとわかってはいるんだけど、敢えて修理で少しの間様子を見ることにした。通りすがりの単発のイタズラならともかく、常習化して交換後すぐまたやられちゃたまんないもんね・・・。過去に常習犯に半年間で14本やられた事があった。その時は自宅前だったのでビデオカメラで犯行の時間割り出して張り込みして、とっ捕まえて賠償させたけど今回は無理っぽい。

ひと月くらいもってくれるかな・・・。

パンダちゃん帰ってきた♪ 高く付いた・・・(ノヘ;)シクシク..

ファイル 225-1.jpg

 先日車検を終えてパンダちゃんが帰ってきた♪ ただ、シャフトブーツとミッションのインナーブーツ切れ、その辺はともかく樹脂部分が劣化してて光軸調整しようとすると徐々に砕けていくヘッドライトの交換が必要だったとの事でビンボー人にはキツイ出費になってしまった・・・。更に、このヘッドライトが既に入手困難な状態で随分苦労したとの事。車屋さんには色々お手間を掛けて頂いた上、更に、足りない分は後日支払うと言う事にしていただいた。“エンスー系”中古輸入車専門店の「メシよりクルマ」的マニアックな顧客の中でこんな情けないヤツもそんなにいないだろうね・・・。
 キーを受け取って久々にパンダちゃんをスタートさせる。普段のドライビングではキビキビして速いつもりだったけど、前回タイベル交換時の代車アルファ程じゃないにしても、今回の代車プントもパンダちゃんよりゃずっと速かった。ただ、遅くても“カワイイ猛獣”的サウンドは相変わらず心地良く、運転してて・・・ほっこり♪

 この日は川のラジコン仲間ご自慢のポルシェ・ボクスターがリコールとやらで入院、代車が出ないとの事で送迎を引き受けてたのでお迎えの帰り、シャコタンポルシェよりランボルギーニ、いや・・・イセキかヤンマーのトラクターが似合う宇治田原までそのまんまドライブ。ラーメン食おうと話がまとまったので“デリシャスラーメン”が売りの某店へ♪

ファイル 225-2.jpg

 この店に飾ってたtatherっちも大好きなTVアニメ“ONE PIECE”の名場面をパロッた絵画、tatherっち的には笑えるけど熱狂的なファンは本気で怒るんじゃない?

もう2年! 車検入院です。

 今日、車検のためパンダちゃんを預けてきた。数日前にフロント側サンルーフのセンター部分のアームの付け根がへし折れちゃって開け閉めがちょっとメンドクサくなっちゃったけど、今回はお金無いので最低限のメンテだけお願いしてきた。

ファイル 221-1.jpg
サンルーフのアームのへし折れたとこ・・・。いつかはちゃんと直そう。

 それはともかく・・・パンダちゃん納車から早くももう2年。その間、お昼の部のお客さんから「変わった車に乗ってますね!」とか色々と話題にもなってくれたし、“ちょっとした”ドラマも何度かあったかなっ♪ トラブル的な出来事は、上記のサンルーフ以外にはラジエターとサブタンクとを繋ぐホースを挿す樹脂性ニップルが折れて冷却水が漏れた事、マフラーの吊りゴムが切れた事、四駆の切換えが出来なくなった事くらい、それなりに年季の入った中古車ならあって然り・・・かもね? 「ガイシャは大変!」って言うけど、tatherっちの車暦の中で「輸入車だから」という理由で特別苦労した事はない。 それからそれから!今回の入院に当たっての代車は・・・

ファイル 221-2.jpg

 はい♪ 同じくフィアット車だけどパンダちゃんの次の世代のクルマ、“プント”です! パンダちゃんより100ccだけ大きい1,200cc(但しDOHC12v)、だけどボディは随分デカイ。とは言ってもコンパクトカーレベルでのサイズだけど・・・。“ABARTH(アバルト)仕様”はステッカーチューンのみのCVT(オートマ)モデル。早速キーを受け取り、簡単にレクチャーを受けお店を後にした。自宅までの道程ではフルスロットルを試したりCVTをマニュアルモードに切り替えてみたり、ハンドルの重さが変わるCITYモードや、エンジン回転数を抑えるエコモードのON⇔OFFを切り替えてみたり・・・。んでそんな事を繰り返しながら、もっかいお店に向かった。いや・・・最初に伺った時にメカニック氏から「PCのモニター、余ってるのない?」って言われてたので早速届けに戻ったのだ。ただ、この往復で・・・飽きちゃった。基本「官能的な走り」をイメージしてたイタ車だけど、つい先日までオカンが乗ってた三菱コルトや代行でチョコチョコ当たる日産ノートとあんまりフィーリング変わんない・・・。サウンドもCVT特有の「ぶぃ~ん」って感じで、ただ、メーターの針は結構な速度になってるんだけどね。まぁ、日本車やドイツ車に負けない“安定性”をイタリアも手に入れちゃったって事かな・・・。

ファイル 221-3.jpg

 でもホワイト・ブルー・グレー・ブラックでスッキリした内装はいいかも? 外観のデザインもカッチョイイし、お手頃で気軽にイタ車のオーナーになるなら男女問わずオススメなクルマかもね♪ 車検が上がってくるまで、もう暫くヨロシクなのだっ♪

職質です♪ 再び・・・

 夜の部の帰り道、信号が黄色から赤に変わる、かなりキワドいタイミングで交差点に入った。通り過ぎざまに交差する道路で信号待ちしてる車を見たら・・・ありゃ、パトカーですがな。信号無視とか言われないかな? ちょっと心配ながらも平然と・・・したフリしてそのまんま走り続けたら後を追いてくる。府道から片側二車線の国道24号線に右折したら・・・やっぱし曲がって追いてくる。ただ、サイレン鳴らしたり赤灯点けるでもなく追いてくるので信号無視は大丈夫かな?・・・と思ったら24号線の本線に合流したところで不意に赤灯が光って例の通り「前の車、左に寄って停止してください!」だと・・・。減速しながらハザード出して左に寄ったらパンダちゃんを追い越して前に付けてストップ、んでtatherっちもパトカーと車間を詰めてからストップした。前回は警ら隊か交機のクラウンで二人の警官相手だったけど今回はミニパトから三人出てきたからちょっと圧倒されながらも車から降りたら「運転手さん、右のテールランプが・・・」またかい!

「『あ、テールですね、はいはい・・・(プライバシー保護の為音声は加工してあります)。』そう言うと男はおもむろに車の後ろに回り、右側テールレンズを叩いた。すると・・・直った! 三人の“職質のプロ”達に・・・ウケた!」

 今回は免許証の照会と簡単な車内チェックだけで放免となった。前回“職質記念”に撮影した写真はその場で削除させられちゃったので、今回は一通り完了してからフラッシュ焚かずにコッソリ撮影してみた♪

ファイル 204-1.jpg
明るさとか、かなり修正したけど・・・お粗末!!(/_;)

祝!退院♪

  そしてやっと! tatherっちの元にパンダちゃんが戻ってきた。タイミングベルトとウォーターポンプ交換、そしてタイヤも今までのオーバーサイズから純正サイズに交換、そしてギヤオイルも交換、んで先日ぶっ壊れた四駆への切り替えレバーの修理も完了♪ デフオイルだけは商品の入荷が間に合わず週明けの交換になるけど大方納車時より気になってた部分のリフレッシュを終えた。

ファイル 200-1.jpg
 一週間ちょっと、“代車”と呼ぶには勿体ないパフォーマンスでガンガン走ってくれたアルファ156とはちょっと寂しいけどここでお別れ。代わってメカニック氏がアルファを着けたお店の奥までパンダちゃんを連れてきてくれた。何かちょっと音が変わったような・・・? 今までガチャガチャと賑やかだったメカノイズが少し静かになったみたい。メカニック氏によれば新車時より1度も交換してないと思ってたタイミングベルト、過去に交換された形跡があって、ただ・・・1コマずれて取り付けられてたそうな。へ?「そんなんでエンジン掛かんの?」て返したら社長氏、「1コマくらいなら大丈夫ちゃう?」との事。もっとシビアなモンかと思ってたわな・・・。
 取りあえず今回の作業に掛かった費用の支払いを済ませキーを受け取った。“1コマの違い”について社長氏、「一年乗り倒したtatherくんならわかるかも? どれくらい変わったか教えてなっ♪」と言われ早速エンジン始動。

 それなりに踏み込んで帰ってきてはみたけど・・・タイベル交換、それまでのズレを正規の位置に戻して、んで155/80 SR13だったタイヤを純正145/80 SR13に戻して・・・これが前日と当日に比べられればその違いをバッチリ体感できたかも知れない。ただ、1週間ちょっと、しかもその間の代車がイタリアの老舗GTアルファじゃ・・・パンダちゃん遅すぎとしか感じられない・・・。インプレッション出来るかな? まぁ、燃費とかのその辺でレポートするかなっ♪
 因みに今日、溜まった家のゴミを処分しに川の砂地に四駆で乗り込んでみたけどこっちは楽勝だった♪ タイベル1コマかちょっとは楽に転がせるようになったタイヤか、単に砂が締まってただけか・・・?

アルファ156との蜜月

 「tatherく~ん、お待たせ♪ 代車も用意できたしいつでもクルマ持ってきてなっ!」 BMBさんからパンダちゃんのタイミングベルト(・・・とタイヤと油脂類)交換の為の入院OKの連絡があった。通常3~4万キロで交換するのが普通のイタ車のタイベル、tatherっちのパンダちゃんに限っては新車時から1度も交換されていないので納車時に「出来るだけ早目にねっ!」っと言われてたにもかかわらずそれから1年ちょっと、既に平均走行距離の3倍くらいになっちゃったけど・・・やっとこさこの日を迎えることが出来た♪その日はもう夜の部スタートしてて行けなかったけど翌日早速伺った。

ファイル 199-1.jpg
 メカニック氏に誘導される場所にパンダちゃんを着けた。折り返し「代車アレです♪」と指差した先にあったのは・・・・ (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

ファイル 199-2.jpg
 アルファ156のステーションワゴン!! ルーフとボンネットの塗装は若干“ケロイディング”、そしてセミオートマの“セレスピード”だったけど、こんなん借りちゃっていいの!?さすが“エンスー系”ショップ、客の心くすぐり過ぎ♪ サルのように大はしゃぎのtatherっちに社長、メカニック両氏「アンタも好きねぇ~」の笑顔。

 キーを受け取り簡単な説明を受けてから早速スタートさせた。表通りでちょっとアクセルを踏み込んだら鋭い加速と軽快な「グロロロロ~」ってサウンド。老舗のGTカーメーカー製だけにさすが!の味付け♪ ただ、それとは裏腹にこの“セレスピード”ってミッション、AT車と言うよりマニュアル車のクラッチワークやシフトを機械が代わりにやってるような感じ、それもノンビリしたチェンジでしかもやたらとギクシャクしててシャープさが全然ない・・・。それならと自動でシフトしないマニュアルモードにしてみたけどパドルを使ってもシフトアップはモチロンシフトダウンもノンビリ・・・。「辛気臭ぁ~!!」そうは言いながらも慣れてくるとこれもアリかな?って感じてきた。加速やサウンドだけじゃなく、ハンドリングもかなりステキだったのだっ♪ サーキットでコンマ1秒の争いをするならともかく、パドルシフトを駆使して深夜の街中や郊外のワインディングロードをそれなりに流すなら十分速いし楽しい。オマケに隣にステキなオネ~チャン乗せてる時は彼女の手を握りながらのラブラブデートも楽しめる。う~ん、ちょっと・・・いやかなり欲しいかも? 真剣にパンダちゃんの整備、ユックリでいいと思った。

 んで昨日、BMBさんより作業完了のお知らせがあった。2~3日後には引取に行くと伝えたけど、大好きなパンダちゃんへの想いもそのまんま、たった数日(但し約300km)だけど一緒に過ごした156との別れも辛くなった。

あぁロメオ! 何で貴方はロメオなの~・・・

四駆の切り替え、ぶっ壊れたみたい・・・。

 実はもう先週の日曜の話ではある・・・。ずっとお昼の本業が忙しく、中々川へ行けなかったのでゴミが随分溜まってしまった。この日もお仕事入ってたんだけど、どうしてもゴミ捨てに行きたかったのでいつもは辛い午前中に敢えて片付けて・・・もう一件入った仕事も急ぎで片付けて一旦帰宅、んでゴミをパンダちゃんに積み込んで川へ向かった。硬い土のエリアから砂地へ乗り込む直前に四駆に切り替えて突入、何となく足を取られがちなのが気になりながらもそのまま進んで行ったら・・・途中で完全にスタックしてしまった。バックで出る事も出来ず川のラジコンメンバーに救援をお願いした。何か四駆にちゃんと入ってないみたい。そう言えば今日は切り替えのレバー引いた時にいつものような「コクン」とした抵抗がなかったような・・・入ってないなら4x4ランプ点くなよ紛らわしい! レバー側にスイッチがあるのかな? 救援を待つ間何度かレバーを引いたり戻したり、やっぱり抵抗がない。ワイヤーかアームかわかんないけどリンケージが外れちゃったみたいね。まぁ・・・いいか♪

 先日、お世話になってるBMBさんにタイミングベルトとタイヤの交換をお願いした。その時ついでに診て頂こう。ただ・・・それまで暫くは砂地に乗り込めない。またゴミ、溜まっちゃうな・・・。

職質です♪

 夜の部の仕事の帰り、信号待ちで停止して何気なく後の車見たらパトカーだった。深夜の国道1号線、もう少し走ったら、かなりのハイペースで走るトラックの間を縫って右折斜線に入んなきゃいけないので木津川大橋渡る辺りでいつもフル加速する。そして信号が青に変わった。ここでいつものペースでスタートしてスピード違反で捕まっちゃ悲しいので速度に注意しながら発信・・・したらいきなり赤灯点けて「前の車、左に寄って停止してください!」って・・・まぁ、高速で走る大型トラックに怯えながら1号線でか弱いパンダちゃんを走らせるんだから飲酒でフラフラ走ってるように見えたのかな? まだ代行の“接客モード”が残ってて「はいはい♪どうしました?」って車から降りたら「いやぁ、年代モンの凄い車ですねぇ~!」って・・・そんな用事じゃないでしょ?続けて「いやぁ、お車のテールランプがぁ・・・」 へ?何? 見に行ったら右側テールランプが点いてなかった。へ?もしかして整備不良でキップ切るの?まさか・・・と思ったら、むふっ♪ “職質”したかったのねっ♪ 別にやましい事何も無いからいいと言えばいいんだけどボディチェックから始まりバッグの中身やら車内チェックやら免許証の照会やら・・・あまりに念入りなので段々通り過ぎる車の目が気になってきた。おい!例の“24時”そのまんまやんけ・・・。

  「捜査員が車内の○○の辺りを調べ始めると男は急に落ち着きを失い始めた!!」

 みたいな、やましい事は何も無いんだけど・・・捜査員はtatherっち♪の些細な行動も見落とさなかった!!

  「あ、写真ダメですよぉ~。今撮ったヤツ、ここで削除してくださいねぇ~。」

 くそ・・・ここ暫くネタ切れだったけどパンダに職質されてるパンダちゃんのいい写真撮れてたのに・・・。ボディチェックで引っかかったポケット内の懐中時計は「いやぁ、拘ってますねぇ~」と持ち上げて“怪しいモノ”的な詮索でプライベート用・仕事用・車内用に持ってた“4個で105円(ダイソー)”のカッターナイフの用途を詳しく聞いて“職質のプロ”のお仕事、一件完了ですな。ただ、tatherっちってそんなに怪しい?

 どうでもいいことだけど・・・職質終わった頃には切れてた筈のテールランプが何故か復活してた。ラテン系の悪戯かいな・・・・。

Li-Poバッテリー始動セット。

 今日の夜のお仕事終えてパンダちゃん始動しようとキー捻ったら「キュン・・・キュン・・・」、またですな・・・。こう暑い日が続いたら走った後は電動ファンが暫く回りっ放し。納車の時に新品に換えたバッテリーもこれじゃすぐにダメになっちゃう。ただ、その度に一人押しがけしたりその辺の人に声掛けて繋いで貰ったりするのも大変だし、それ以前にカッコ悪い。そんな訳で・・・。

ファイル 170-1.jpg

 先日作っておいたAcrofly氏考案の“Li-Poバッテリー始動セット”を試してみた。ラジコン用リチウムポリマーバッテリー3セルと繋ぐ接続端子のもう一方をワニ口クリップにしたコード。3セルだから11.1V、電圧は若干弱いけど無事始動に成功♪ 取り扱い間違えると爆発したり火噴いたりするシロモノなので誰にでもお勧め出来るモンじゃないけど、バッグにも楽に入るサイズで今後はかなり使えそう♪ 参考にされる方・・・自己責任でね。

オソロ~♪

 今日出勤途中に対向車線を走ってくるパンダちゃん(モチロン“初代”)に逢った。グレードとかはわかんない。不意の事でさすがに写真とかは撮ってないけど明るいグレーっぽいカラーのパンダちゃん、運転席を見たら若い(ように見える)女性だった。彼女の方はtatherっちのパンダちゃんに気付いてくれたかな?なんて思った。「あっ!オソロ~♪」って感じでふと出逢っただけで少しだけハッピーな気分になれるのもパンダちゃん乗りの喜びの一つかもねっ。

 ただ、パッシングしたり手を振ったりはさすがにしなかった。ダンナさんの車に“嫌々”乗ってる最中なら同類だと思われるのが苦痛かも知れないからね・・・。

数十年振りに復活の技 ~一人押しがけ~

 夜のお仕事出勤前、いつものように“やよい軒”で腹ごしらえした後若干早目に会社の近くで仮眠を取るのがtatherっちのパターン。ただ、いつもと違ったのは・・・今日は猛暑だという事。夕方6時前ってこの季節、全くの“昼間”だったりする。いつもの“ラ・ムー”というスーパーの駐車場で炎天下でエンジン切って寝てたら出勤する前に汗だくになっちゃうし、それ以前に眠れないし、またそれ以前に死ぬわいな・・・。だから1Fが駐車場になった「新製品が安い」が売りの某大手家電に車を止めて、エンジンかけたまんまエアコンつけて寝てた。暫く経ってから何気なくメーターパネルの水温計見たらもうレッドゾーン手前!慌ててエンジン切ってまた暫く寝て・・・でもやっぱし暑いのでそろそろ水温も冷めただろうとキーを捻ったら「カチッ」て・・・それだけ?

 tatherっちのパンダちゃん、実はエアコンに持病を持ってて何かの通路が詰まりかけてるとかで正常に減圧が出来ずかなりの熱を持っちゃうらしい。そうするとそこが冷めるまでイグニッションに連動しない電動ファンがひたすら回り続ける。それがこの猛暑でヒート気味で更に長引いてバッテリー食って回転が弱まって更に冷えるのに時間が掛かる分バッテリー食ってて・・・気付いた頃には既にクランキング出来るだけの余力は残ってなかったみたい。おいおい、出勤までもうそんなに時間も無い。んで・・・久々にやりましたよ♪“一人押しがけ”。ただこの駐車場、緩やかに傾斜があるのによりによってフロントが上向いてる。バックで押しがけなんて出来るかな?結果NGでした。その後は前進で何度か試みるも中々エンジンが掛かんない・・・。
 学生時代、カノジョとのデートの別れ際に当時の愛車だったFRの頃の“いすゞジェミニ ZZ(ダブルズィーって読む)”で、そしてその次の愛車初期型のBMW320(320i じゃない)で「それじゃっ!」と爽やかに手を振った後、車のケツを押して勢いをつけてドアサイドまでダッシュして車内に乗り込み4速くらいにギア入れてクラッチをポンと繋ぎガクガクなったらアクセル煽りながら再びクラッチを踏む、そして改めて2速にシフトし颯爽と去る。こんな事しょっちゅうだったんだけどさすがに20年以上(30年近くとも言う・・・)昔の話。その後“元ヨメ”となるその時の“カノジョ”と一緒に出て行った3人の娘が“イカ臭いタンパク質”になる以前の・・・と言うかまだ輪廻転生する“前世”で死にかけてた頃かも知れない。体力の衰えもあるだろうけどさすがに勘も鈍っちゃったかな?と思いながらも良く見たら・・・キーがオフになってた。(^^ゞポリポリ
 改めて緩やかな傾斜を真っ赤な顔して押し上げて一旦サイドまで行ってハンドル切って頭を下に向けて車に乗り込む。斜面を転がりそこそこ勢いが付いたとこでイグニッションオンの確認してギアを4速へ、んでクラッチミート、ガクガクしたところでアクセル煽って再びクラッチ切ってもっかいアクセルを煽る。「グォン!」(^。^;)ホッ

 ギリギリセーフで会社に到着してエンジン切ったら・・・また性懲りも無く電動ファンが回りだした。出発準備を終え外に出たらその回転音がまた頼りない。試しにキーを捻ったら「カチッ」・・・やっぱしぃ?

ファイル 154-1.jpg
 今日は初の配車依頼が中々来なかったのでその間ユックリ充電出来たかも♪ 帰りは難なくセル一発だったけどこれからが夏本番。何か対策考えないと。モチロン“エアコン修理”なんて選択肢は経済的に・・・ない。

デビューラン♪

 5月20日の朝、最近めっきり暑くなっちゃったからドライブに出掛けるにはこれくらいの方が丁度いいかも知れない、そんな若干の曇り空。やっぱり最初はステキなオネ~チャン乗せてのデビューランを飾りたかったので、納車のメドが付いた時に思い切って代行のお客さんで仲良くなった某店のママさんを誘ってみたら快くOKを頂いた♪ ただ、最初の予定日はtatherっちの完全なフライングで納車が間に合わなくて延期。んで納車日がハッキリしてから先ず決めた日はママさんのお店の団体予約と重なっちゃって再び延期・・・。んで、“三度目の正直”でやっとこの日を迎える事となった。

ファイル 141-1.jpg

 早目に起きて先日コーティング処理を施したボディをサッと水洗いして外観はピカピカ♪ ただ、内装は正直お世辞にもキレイとは言えないので前日に買っておいたシートカバーで誤魔化して待ち合わせの場所にお迎えに出掛けた。約束の時間よりちょっと早く彼女も到着、そしてラブラブドライブデート(オッサン表現かも?)・・・的デビューランがスタートっ♪

 んでゴールの待ち合わせ場所へ到着!・・・って・・・その間のコースとか会話とかないの?なんて聞かれそうだけど、モチロン一緒に食事して街中や景色のいいとこ流して、笑いも交えた会話もあって・・・。ただ、“調整”程度しか乗ってないからまだパンダちゃんの運転に慣れてなかった事もあるけど、あくまで“特別な運転”に最大限の神経を使う“代行モード”の運転なんて普段は出来ないのだ。助手席でギア・チェンジやブレーキングする度に前後に、ギャップを拾う度に上下に揺すられてる“代行モード運転”しか知らない彼女に申し訳なくなっちゃってね・・・。コンテとかラパンとか、それと同様にパンダちゃんの小型で角ばったスタイルは女性に受けそうだけど“デート用”には向かないかも・・・。下駄履いて学ラン着て斜に構えて(「そんなヤツ今時おらんわい!」って・・・あくまでイメージ! ねっ♪)・・・「乗りたぁ~い♪」と言ってくる女どもに「乗せてやらいでもない!」と呟ける漢(『おとこ』と読もう♪)の“硬派”車・・・なのかも?

 あ、因みに“軟派”なtatherっちは「疲れたんじゃない?ごめんね!」とか「また良かったらメシでも付き合ってね~」とか・・・若いモンに示しがつかんがな・・・m(。-_-。)mス・スイマセーン

デビュー間近♪

 デビューまでの間、各部のチェックや調整という事でお昼の仕事のない日、夜の仕事が終わってからチョコチョコその辺を流してみた。エアコン稼働時のファンベルトの鳴きやフロントグリルの固定不良、思ったより頼りになるワイパーゴムも変形・硬化で交換時期だし、車内のどっかにアリさんが住み着いてて気付いたら結構あちこちに這い回ってる事の他、天井部分のキョーレツなニコチン汚れとかシートの色褪せetc・・・こりゃ大変だわ。
 車内のクリーニングは業者に出したら3~4万、整備費ケチってるのにそんな金はどこにもない。取りあえず車内クリーニング用のスプレーを滴るほどかけて濡れタオルでポンポン叩いたりして多少はマシになった。アリさんはもう少し暑くなったら引っ越しするか死滅するんじゃないかとひとまず放置。んで外観。

ファイル 140-1.jpg
 塗り替えから多分そんなに経ってないかなりキレイな塗装状態は洗車の後ポリマーコーティングをした。基本その手の事あんまりしないtatherっちだけど、ボディに塗り込むだけで9か月も効果が持続するなんて便利なモンも出てたのでそれに決定♪ 9か月ってのは当てに出来ないにしてもたまにこれ塗りゃいいなら楽チンなのだ♪ バンパーとかミラーのガワとかサイドのモール部分とか、樹脂の劣化でいわゆる“白ボケ”状態。これも劣化した樹脂パーツを保護してくれるガラスコーティング剤ってのを塗り込んでみたら黒光りのピカピカ!ムチャクチャキレイになった♪ 後は全ウインドウとミラーの鏡部分には撥水コーティングをして、ついでに前出のワイパーゴムも“ガラコワイパー”に交換した。これ、純正では“台形タイプ”ってのが要るらしいんだけどサイズが合うのはバリエーションにない。ゴムだけじゃなく“弓”の部分も替えちゃうか悩んだんだけど取り付け部分にアダプタが必要だし、だけどそのアダプタ付けたらちょっとイメージ変わっちゃうし・・・悩んだ結果、試しに通常タイプのゴムを無理矢理取り付けてみた。形としてはちゃんと付いてるけど、実際にちゃんと使えるかは雨が降ってみないとわかんない・・・。

 最後に、BMBさんに伺ってグリルの再固定とファンベルトの再調整をして頂いて取りあえずは完了♪ 後はその週が明けてのデビューを待つばかりになった♪ 

before・・・蜜月3

 久々のご対面を果たしたその翌日、「午後には上がってると思うよ♪」と社長氏から聞いてたのでお昼ごろお店の方に電話してみた。そしたら「ゴメン、車検でヘッドライトの光量が足りないって言われたんで午後からもっかい行かなあかんねん・・・」との事。ネットで調べたら“原付並に暗い”と言われるパンダちゃんのヘッドライト、それでも車検通ってると思うんだけど、どんなレベルなのかな? その後もタイヤがはみ出してるとか色々あったようで、メカニック氏から完了の連絡を頂いたのは夕方だった。まぁ、デビュー日程も決まってないし急いでる訳でもないので「今日はもう夜の仕事なんでまた明日伺いますね♪」と伝えた。メカニック氏、「あぁ、わかりました。待ってますね!」と言った後、「それから・・・登録、4月に入っちゃったんで自動車税丸っぽ掛かりますんで。」と・・・。
( ̄□ ̄;)!!そうだった・・・その件、ちょっとは気になってたんだけど見て見ぬ振りを決め込んできた。だけど相手は“お国”、タイミング的に逃げ道はない。家のローンの為に残してあった分で何とかするしかない。まぁ、ゴールデンウィークに入るからそっちもちょっと猶予あるし・・・。「ゲゲッ!そうだったぁ・・・まぁ、何とかしますわ。」そう笑い混じりに答える心は・・・大号泣のtatherっちなのだった。

 明けて4月の24日、イタ車には辛い雨だった。税金の事もあるし車の引き取りは”ケチケチ路線”で行くべく電車とバス、後は徒歩で行くつもりで近鉄→京阪と乗り継いで中書島の駅に着いた。んでバスターミナルに行って時刻表を見たら・・・再び( ̄□ ̄;)!! 次のバスは1時間半も先って・・・本数少なすぎやんけ!途方に暮れながらもその辺見渡したら・・・ヘタってる(駅待ちしてる)タクシーが一台。ビンボー人には高級すぎるけど1時間半待ちよりゃマシかな・・・。

 BMBに着いて支払いを済まして待望のキーを受け取った。この雨の中、車体が揺れるようなパワーのベンツのそれとは全くレベルの違う貧弱な一本ワイパーでちゃんと前見れるのか不安を感じながらスタートしたけど・・・案外ちゃんと働いてくれるようだ♪ フロントガラスも真っ平らだからワイパーの力が均等にかかるのかな? それはいいとして、帰り道の20~30分ドライブした感想・・・コストを徹底的に削った車だから“重ステ”とかチャチな内装な事、設計が古いのでリーフスプリング(板バネ、4x4だけだけど)のリヤサスで乗り心地が悪いのは承知の上の話、でもドライビングポジションは“最悪”かも?ミョ~に起きたステアリングに右寄りにオフセットされたペダル類、それも間隔が狭すぎでその日履いていった靴では“ヒール&トゥ”どころか靴のつばが他のペダルに引っ掛かってまともに踏めない。更にクラッチを一杯に踏んだ状態でシートポジションを合わせると他のペダルやフットレスト代わりのタイヤハウスが近すぎてムチャクチャ不自然・・・。ただ、この辺は既に“エンスー向けの車”になっちゃったパンダちゃん、こっちが“大人”になるしかないわな・・・。その代わり走りに関しては、たかだか1,100ccで50HPながら発進時のクラッチミートは楽だし、走行中の適切なギア選びに慣れたら結構キビキビ行けそうでちょっと楽しそう♪

ファイル 139-1.jpg

 本チャンデビューはこの時点ではまだ未定、暫くはチョコチョコ走らせて車に慣れることと気になるところを徐々に洗い出して調整していこう。たまに喧嘩もしそうだけど仲良くなれそうだ♪

before・・・蜜月2

 車両の確保は出来たもののまだまだ結構費用が掛かることが判明、BMBさんには悪いけどそれらが貯まるまでパンダちゃんは預かって頂く事に・・・そして再び500円玉を貯金箱に投じる日々が続く。んでやっとこさのメドが付くまで更に4ヵ月弱の期間を要することとなった。ただ、納車のGo!サインを出した時期が悪く年度の変わり目でBMBさんも一番忙しい時期だったみたい・・・。更に1ヶ月近くが経ってやっと待ちに待った「納車準備に入るよ~♪」との連絡を頂いた。
 そして翌日、納車までに後何日くらい掛かるかを確認しに行きがてら久々にtatherっちの迎えを待ってるパンダちゃんに会いに行ってみた。

ファイル 138-1.jpg
ファイル 138-2.jpg

 工場のリフトのところで久々のご対面。“Panda 4x4”のプレスが入った後姿もステキ♪ いよいよこれから整備開始!と思いきや・・・「あぁ、もう出来てますよ♪」とメカニック氏。へ?前日、それももう夕方に整備の内容確認したところなのに?さすがです!川でついさっき墜落してバラバラにぶっ壊したばっかしの(ラジコンの)機体を1時間後には再び飛ばしてた伝説の持ち主、福○工務店より仕事が早い♪ その翌日には車検も上がって「午後には納車出来るよ。」との事。

 ただ・・・実はtatherっち、パンダちゃんデビューの日の予定を決めてた。何月何日・・・じゃなくて内容をね。だから日程は後、んでそれはまだ未定・・・。 でも今まで数ヶ月も預かって頂いてこれ以上無理も言いたくないし・・・/(-_-)ヽ  取りあえず「わかりました♪明日か明後日に取りに来ますね。」と伝えてきた。

before・・・蜜月

 FIAT Panda 4x4。去年の頭くらいからかな?500円玉貯金を始めて、先ず10万円貯まった頃から空モンラジコン仲間でシステムとWeb管理も任せて頂いてる中古輸入車専門店BMBの社長氏にお願いして探して貰ってた初代パンダちゃん、ちょっと前までは街でも結構見かけたんだけど今となってはすっかり淘汰されて“ネオ・クラシック車”としてマニア向けになっちゃったのかな?最近はもうあんまりタマも無くなってきたみたい・・・。「超多走行、サビ・腐食OK!取りあえず走りゃ何でもいいですよ♪」なんて感じで“冗談の延長”的に探してたのがいつの間にか“意地”になってて・・・気が付いたら本気でこの車に“恋焦がれて”たのだった。ただ、こっちの想いとは裏腹に車は見つからず500円貯金も10万が20万、そしてもうすぐ30万になる年末、たまたまシステム関係のトラブルでこのお店に行った時に業者オークションの出品予定車リストに1台の4x4が入ってるのを見つけた。「走行8万で色塗り替えてるな・・・これやったら結構安ぅいけるかも?」との事、ホントは純正の“リドブルー”って紺色がtatherっち的には良かったんだけど写真で見る限りそんなに違和感もなく良さそう♪ 早速参加をお願いして帰ってきた。

 そして後日、何とか予算内で落札の連絡が届き晴れてパンダちゃんを飼うことになった(や~ぁっとぉめぇぐり逢えたのぉ~ 夢にぃ~見てぇたのぉ~の項参照)。ただ・・・その時点での資金は車両価格にやっとこさで、納車のための整備や部品代、車検費用はまた頑張って貯金しなきゃなんない。その週明け、届いた車の各部チェックの後見積もりを上げてもらったら・・・何と25万ほど掛かるとの事!わちゃっ!! ただ、この中にはtatherっちの希望も結構盛り込んでもらってたりしてて、社長氏曰く「そんなん乗りながら少しずつやったらええやん!」・・・まぁね♪それでいいかな?と言う事で・・・ただ、それでも17~18万。こりゃまだ随分先になりそうだ・・・(ノヘ;)シクシク..。

ファイル 137-1.jpg

 お店に届いたばっかしのパンダちゃん。このドギツイブルーメタ、少年の頃憧れた“ケンメリ”スカイラインみたい。でも結構いいかも? ただ、黒く塗り替えてある“鉄っちんホイール”はtatherっち的には今ひとつ・・・。“鉄っちんホイールはゼッタイあのくすんだ銀の方が安っぽくていいと思う。世界一安いクルマなんだから「安モンの美学」ってモンがあるでしょ。更に・・・

ファイル 137-2.jpg

 MOMOのステアリングにSparcoのシフトノブとペダル類、フューエルキャップ・・・世界を代表する大衆車にはスポーティ過ぎ!極めつけは・・・エンジン掛けた途端「ドォ~」って野太いサウンド、こんな腰の高いクルマで前オーナー氏は峠でも攻めてたの? でも・・・カワイイようで実は猛獣のパンダちゃんぽくてtatherっち的にはちょっとステキ♪ まぁ、納車までまだまだあるし、この辺はユックリ考えるとしますか・・・。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ